人気ブログランキング |

タグ:6月 ( 13 ) タグの人気記事

雨ニモ、

c0110112_23360565.jpg
雨の休日でも嘆くまい。
通い慣れた森に潜り込めば、
めくるめく苔の世界。
c0110112_23272630.jpg
c0110112_23274217.jpg
c0110112_23275398.jpg
c0110112_23280321.jpg
c0110112_23281630.jpg
c0110112_23282726.jpg
c0110112_23290468.jpg
c0110112_23292289.jpg
c0110112_23293114.jpg
c0110112_23294010.jpg
先日60mmマクロが納得のいかない壊れ方をして、
仕方がないので昔使っていた50mmマクロをアダプターかまして久しぶりに使ってみた。
そしたらこれがなかなかいい写りで、
改めて良いレンズだなぁ。と再認識した。
しばらくはこれで行こう。


by snowlight48 | 2019-07-03 23:53 | | Trackback | Comments(0)

山月記 2018

c0110112_22460179.jpg

この沢を往くとき、
やはり山月記を思い出す。
たまにはこういう人の気配のない沢を
獣になった気分で歩くのもいいだろう。
c0110112_22445324.jpg
c0110112_22450032.jpg
c0110112_22450733.jpg
c0110112_22454086.jpg
c0110112_22500162.jpg
c0110112_22463774.jpg
c0110112_22470035.jpg
c0110112_22470745.jpg
c0110112_22474948.jpg
c0110112_22481532.jpg
c0110112_22482354.jpg
c0110112_22483137.jpg
c0110112_22483871.jpg
c0110112_22484547.jpg
c0110112_22485158.jpg

by snowlight48 | 2018-07-28 22:53 | | Trackback | Comments(0)

雨飾の緑

c0110112_23335155.jpg
雨飾のブナ林の緑。
今年はちょっと出遅れて、
新緑と呼ぶには少し緑が濃くなってしまったけれど、
その代わりシラネアオイも見れたことだし、
良しとする。
c0110112_23331934.jpg
c0110112_23340091.jpg
c0110112_23353998.jpg
c0110112_23360671.jpg
c0110112_23362613.jpg
c0110112_23365001.jpg
c0110112_23370906.jpg
c0110112_23375613.jpg


by snowlight48 | 2018-07-22 23:41 | | Trackback | Comments(4)

徳本峠を越えて

c0110112_22130296.jpg
2017年6月17日、
島々から徳本峠を越えて上高地へと入る旅路を
いつか歩いてみたいと思い続けてはや幾年。
ようやく叶いました。
以前から地形図を眺めては、このルートはきっといいに違いないと睨んでいましたが、
圧倒的な緑と心地よい渓谷美、予想以上でした。
昔の人はみんなこの道で上高地に入っていたんだなぁと思うと感慨深い。
これからもいろんな季節に繰り返し歩きたい旅路です。
c0110112_22131572.jpg
c0110112_22133670.jpg
c0110112_22135931.jpg
c0110112_22144834.jpg
c0110112_22150015.jpg
c0110112_22155909.jpg
c0110112_22161390.jpg
c0110112_22173213.jpg
c0110112_22174966.jpg
c0110112_22181746.jpg
c0110112_22182967.jpg
c0110112_22190521.jpg
c0110112_22201139.jpg
c0110112_22203824.jpg
c0110112_22204888.jpg
ところでこの日、カメラのISOダイアルが知らない間に勝手に回って、
途中かなりの枚数をISO10000で撮っていた。
い、いちまん?って、気付いた時はかなりショックだったけれども、
意外と画質そんなに悪くなかった。
最近のカメラの高感度画質ってすごいかも。

by snowlight48 | 2017-07-12 22:25 | | Trackback | Comments(4)

ブロッケンの虹

c0110112_23310920.jpg
2017年6月4日
例によって午後の静かな八ヶ岳へ。
斜光線を浴びながらほっつき歩くのが好きで、
おかげでブロッケン現象との遭遇率が高いです。
c0110112_23293449.jpg
c0110112_23294487.jpg
c0110112_23295830.jpg
c0110112_23300752.jpg
c0110112_23304755.jpg
c0110112_23310024.jpg
c0110112_23313465.jpg
c0110112_23314285.jpg
c0110112_23314970.jpg
c0110112_23315858.jpg
c0110112_23320595.jpg


by snowlight48 | 2017-07-05 23:34 | | Trackback | Comments(0)

森林潜水記 2016.6.26

c0110112_23374926.jpg

2016年6月26日。
午後になって雲がとれてきたので、北八へ。
c0110112_23384681.jpg
c0110112_23385637.jpg
c0110112_23403320.jpg
c0110112_2341243.jpg
c0110112_23414025.jpg
c0110112_2342208.jpg
c0110112_23423615.jpg
c0110112_23431993.jpg
c0110112_23435633.jpg

by snowlight48 | 2016-07-06 23:50 | 散歩 | Trackback | Comments(0)

山月記 2016初夏

c0110112_22402158.jpg

2016年6月18日、八ヶ岳の沢へ。
人間社会のあれやこれやはとりあえずおいておいて、
一匹の動物になって日が暮れるまで彷徨した。
c0110112_2241242.jpg
c0110112_22412456.jpg
c0110112_22414619.jpg
c0110112_22422132.jpg
c0110112_22431533.jpg
c0110112_22445380.jpg
c0110112_22464174.jpg
c0110112_22473376.jpg
c0110112_2248368.jpg
c0110112_22485470.jpg

by snowlight48 | 2016-06-23 22:53 | | Trackback | Comments(0)

乗鞍遡行記1

c0110112_22533247.jpg

2015年6月28日、晴れ。
ガイドブックに載っているような沢はどこもちょっと遠くて、
日曜の午後に「ちょっと沢へ。」っていうわけにはいかない。
自分の拙い力量でも歩ける沢がもっと近くにないものだろうかと、
地形図を広げてあれこれ考えたりしているこのごろ。
もしかしてここ、歩けるんじゃないか?と思ってわくわくする。
そしてもちろん実際に歩きに出掛けるのだった。
ガイドブックに載っているような見どころ満載の沢とはちょっと趣が違うけど、
なんというか素朴な渓谷美が、そこにはあった。
c0110112_22543422.jpg

c0110112_22544612.jpg
c0110112_22551532.jpg
c0110112_22554472.jpg
c0110112_22563115.jpg
c0110112_22582194.jpg
c0110112_22585714.jpg
c0110112_2312953.jpg
c0110112_2333155.jpg
c0110112_2342968.jpg
c0110112_2351450.jpg
c0110112_2362976.jpg
c0110112_2374567.jpg
c0110112_2382840.jpg
c0110112_2310286.jpg

by snowlight48 | 2015-06-30 23:15 | | Trackback | Comments(2)

近くの楽園

c0110112_232527.jpg

不思議なことに、考えてみたこともなかった。
うちから一番近い登山口はどこだろうかなんて。
それはたぶん牛伏寺から裏山の山頂へと続く登山口で、
うちから車でわずか15~20分くらい。
おそらく、山頂近くまで車で行けてしまうせいで、
麓から登るこのルートの存在は盲点だったのかも知れない。

2015年6月20日、晴れのち曇りのち雷雨。
午後には天気が崩れるということだったので、
とにかく近くの山道を気が済むまで歩いて帰ってこよう。
そんな気持ちで行き先を考えたとき思い当たったのがこのルートだった。
フランス式階段工に沿って歩き始める、とても贅沢な山道である。
水の流れが美しい。ずんずん登る。
やがて稜線にたどり着いて空を見る。
天気はもうしばらくもちそうだ。
どうも「気が済むまで歩く」というのはくせ者で、
どこまで歩いたって、気なんて済まないのだった。
結局というかやっぱりというか、れんげつつじ満開の山頂まで歩いてしまった。
この裏山、来るたびに思うし、このブログにもたびたび書いている気がするけど、
近くにこんなにいい山があって本当に幸せである。
麓から登るのもたまにはいい。
c0110112_2353479.jpg

c0110112_2365196.jpg
c0110112_2311365.jpg
c0110112_23111371.jpg
c0110112_23112162.jpg
c0110112_2312048.jpg
c0110112_23123478.jpg
c0110112_2313251.jpg
c0110112_23132631.jpg
c0110112_23134930.jpg
c0110112_2314246.jpg
c0110112_23145552.jpg
c0110112_2315524.jpg
c0110112_2316196.jpg
c0110112_23175348.jpg
c0110112_2318451.jpg

by snowlight48 | 2015-06-22 23:24 | | Trackback | Comments(4)

山月記 2015.6.13

c0110112_23362328.jpg

2015年6月13日、晴れのち曇り。
午後の日差しを期待して八ヶ岳の沢に出掛けた。
この沢を行くのは2度目である。
独りで沢を歩いていると、なぜか「山月記」を思い出す。
沢にのめり込みすぎると、そのうち獣になってしまいそうだ。
獣になってしまったら、また婚期が遅れる。親がうるさくなる。
それはちょっと困るなぁ。気をつけないとなぁ。
などとしょうもないことを考えながら無事山頂まで登りきった。
この沢、倒木やガレ場が多くてあまりお勧めとはいえないが、
個人的には八ヶ岳の1ルートとして、たぶんこれから何度も歩くことになるだろう。
c0110112_2337589.jpg

c0110112_23373143.jpg
c0110112_23381086.jpg
c0110112_2339439.jpg
c0110112_2340217.jpg
c0110112_23404883.jpg
c0110112_2341212.jpg
c0110112_23413091.jpg
c0110112_23413934.jpg
c0110112_23422064.jpg
c0110112_23441240.jpg
c0110112_23442070.jpg

by snowlight48 | 2015-06-16 23:49 | | Trackback | Comments(2)