タグ:オリンパス E-1 ( 4 ) タグの人気記事

心象風景 トワイライト2009.11.14

c0110112_21582777.jpg

天気予報では曇りとか雨とかの予報だったと思うのだけれど、
午後からは時折日差しも射してきました。
こんな日は、おもしろい雲もたくさんいるし、
運が良ければ見応えのある夕景に出会えます。

今年はいつもに比べて夕景を撮ることがずいぶん少なかったように感じます。
今年はいい夕景が少なかったからなのか、
それとも、楽しいことに忙しくて夕景を撮っているヒマがなかったからなのか。

いずれにせよ、
久しぶりに沁みる夕景を見ました。
c0110112_220419.jpg
c0110112_220494.jpg
c0110112_2205671.jpg
c0110112_2222237.jpg
c0110112_2234518.jpg
c0110112_224354.jpg
c0110112_2241171.jpg
c0110112_2242133.jpg
c0110112_2242985.jpg

[PR]
by snowlight48 | 2009-11-15 22:09 | | Trackback | Comments(0)

歳月 ~2009年北海道の旅、大雪山(黒岳・北鎮岳)~

c0110112_21542787.jpg

実を言うと、生まれて初めて登った山が、この大雪山の黒岳なんです。
まだ10代だった頃、北海道を旅したときに観光がてら登りました。
黒岳はロープウェイとリフトを使えば1時間の登りで山頂に立てるので、
観光ガイドブックにも掲載されているくらい敷居の低い山なのです。
あの頃は、山に登る人の気持ちなんて理解できなかったし、
まさか自分が登山をするようになるとはこれっぽっちも思っていませんでした。
ましてや、長野県民になろうとは、夢にも思わなかったです。

あれから17年。月日が経つのは早いものです。
その間、北海道の山々もたくさん登りましたが、この黒岳にはなぜか足を運ぶことがなく、
今回実に17年ぶり2度目の訪問になります。

今回はさらに少し足を伸ばして、北海道第2の高峰である北鎮岳まで行ってみました。
大雪山はやっぱり素晴らしいです。
今回の旅の最後を飾るに相応しい、最高の1日でした。
------------------------------
黒岳までは紅葉の樹林帯を見渡しながら登っていきます。
c0110112_21565624.jpg

c0110112_21571510.jpg
c0110112_21573468.jpg
c0110112_21574855.jpg
c0110112_21575781.jpg

黒岳から北鎮岳を望む。下に見えるのが石室。
c0110112_220523.jpg

石室と桂月岳
c0110112_2222036.jpg

雲ノ平を通って北鎮岳に向かいます。(大雪山にも「雲ノ平」があるとは初めて知りました。)
c0110112_2242539.jpg

御鉢平展望台にて。
c0110112_226635.jpg

北鎮岳はもうすぐです。
c0110112_2272293.jpg

数日前に眺めた御鉢平を、また眺めることができました。
c0110112_229251.jpg

御鉢平の赤石川源流。やがて石狩川に合流します。
c0110112_2210529.jpg

赤石川に沿って、来た道を戻ります。
c0110112_22115353.jpg

烏帽子岳です。
c0110112_22144050.jpg

満喫し過ぎて、下山した頃には夕方になっていました。
c0110112_2217919.jpg

そして旅は終わります。
c0110112_22175961.jpg

---------------------------
こうして今回の旅も思い出に残る素敵な旅になりました。
そしてこれからも、何度も何度も旅することになるでしょう。
まだ見ぬ景色をもっともっとこの目で見たいと欲するがため。
[PR]
by snowlight48 | 2009-11-08 22:28 | | Trackback | Comments(0)

雨上がりの世界

c0110112_2243464.jpg

2008年11月16日、
天気予報では一日ずっと雨となっていたので、家でのんびり過ごすつもりだったのですが、
夕方近くになって急に青空が広がったものだから、
気持ちのスイッチが切り替わって、カメラと防寒着を詰め込んで、ジムニーでとにかく出発。

で、着いたところは高ボッチ。
我が親愛なる裏山。

雨上がりの空が好きなんだ。
空気が澄んでいて空の色がきれいだし、
浮かぶ雲は放埓で変化に富んでいるし、
濡れた草木は生き生きと光っているし。
いつもより輝きを増した世界。

飽きることなく眺めた後、
日も暮れて、キュンキュン鳴き始める鹿の声を聞きながら帰路に着きました。
c0110112_22441168.jpg
c0110112_22441910.jpg
c0110112_22442859.jpg
c0110112_22443718.jpg
c0110112_22444462.jpg
c0110112_22445346.jpg
c0110112_2245264.jpg
c0110112_22451345.jpg
c0110112_22454166.jpg
c0110112_22454958.jpg
c0110112_2246021.jpg
c0110112_22462092.jpg

[PR]
by snowlight48 | 2008-11-30 22:49 | | Trackback | Comments(4)

落葉散歩

c0110112_015298.jpg

晩秋の高原は落葉色。
こんな散歩道を曇天の下ひとり歩くのはもちろん寂しい。
でもまあ、
落葉を踏みしめながら歩くのも気持ちが良いものだし、
滝をボーっと眺めたり、
小さくて静かな淵のほとりでたたずんだりして、
夢中になってシャッターを押したりしているうちに、
昨日までの、追われるような忙しい日々の疲れが、
いくぶん洗い流されて、
また来週はりきっていこうという気持ちになれたり、する・・・?
c0110112_0212098.jpg
c0110112_0212753.jpg
c0110112_0213491.jpg
c0110112_0214177.jpg
c0110112_0215322.jpg
c0110112_022279.jpg
c0110112_0224192.jpg
c0110112_0225110.jpg

[PR]
by snowlight48 | 2008-11-17 23:37 | 散歩 | Trackback | Comments(10)