往け!

何のためにするこの労働だ。見るためにだ。見るためならばもっと楽な、もっと楽しい道らしい道が、人間にふさわしい道が、静かな山麓を、下の方の美しい平野を、千万の看物をならべて走っているではないか。走っている。しかも実に和やかな曲線を描いて走っている。だがお前はこの困難な道の方を選んだ。そしてそれは正しい。なぜならば、手を高閣に束ねて見るだけならば、それはまだ本当に見てはいないのだ。あらゆる現実は、そこに身を以って生きて初めて「見た」ということができるのだ。お前は見たいと願う。それならば生きねばならない。此処を往くことは、今の場合、とりも直さず生きることだ。往け!

 尾崎喜八 著 「山の絵本」(岩波文庫)より

c0110112_1811813.jpg



というわけで、ブログ再開しようと思いました。
といっても、また気まぐれ更新だろうと思いますけど。
[PR]
# by snowlight48 | 2008-03-20 18:11 | こころ | Trackback | Comments(0)

2006年夏の中田島砂丘

昨年のお盆に浜松の実家に帰省した際に、中田島砂丘に行ってきました。

c0110112_22305133.jpg


故郷の海は特別です。
今は山に囲まれた幸せな信州暮らしですが、時々、無性に海が見たくなります。
中田島砂丘はあまり有名ではないけれど、実は日本三大砂丘の一つだったりします。
けっこう好きです。流木とかもかっこよいです。
ただ、昔からなんですけど、ゴミが多いのが難点です。

c0110112_22362020.jpg

c0110112_22362872.jpg

c0110112_22363683.jpg

c0110112_22364381.jpg

c0110112_22365052.jpg

c0110112_2236594.jpg

c0110112_2237620.jpg

c0110112_22371425.jpg

[PR]
# by snowlight48 | 2007-08-20 22:39 | 散歩 | Trackback | Comments(4)

2007年夏の麦草峠

2ヶ月ぶりの投稿になってしまいました。

2007年7月22日に麦草峠から白駒池を一周して来ました。
天気は曇り時々雨でした。久しぶりに雨具を着て山を歩きましたが、気持ちが良かったです。
苔がとてもとても美しかったです。

c0110112_0295521.jpg

c0110112_03264.jpg
c0110112_0321462.jpg
c0110112_0322167.jpg
c0110112_032303.jpg
c0110112_0323941.jpg
c0110112_0324732.jpg
c0110112_0325913.jpg
c0110112_033785.jpg
c0110112_0331570.jpg
c0110112_0332383.jpg
c0110112_0333032.jpg
c0110112_0334031.jpg
c0110112_0334863.jpg
c0110112_0335921.jpg
c0110112_03475.jpg
c0110112_0341567.jpg
c0110112_0342288.jpg
c0110112_0343219.jpg
c0110112_0344180.jpg

[PR]
# by snowlight48 | 2007-07-24 00:35 | 散歩 | Trackback | Comments(6)

2006年秋の九州(後編:長崎)

中編からの続きです。

c0110112_22261830.jpg


長崎はいろんな顔を持っている個性的な街だと思います。
特に十人町とか館内町とか西小島とかの辺りの路地を彷徨うのが好きです。


c0110112_22285296.jpg

c0110112_2229372.jpg

c0110112_22291337.jpg

c0110112_22292475.jpg

c0110112_22293387.jpg

c0110112_22294694.jpg

c0110112_22295625.jpg

c0110112_223063.jpg

c0110112_2230169.jpg

c0110112_2230254.jpg

c0110112_22303645.jpg

c0110112_22305010.jpg

[PR]
# by snowlight48 | 2007-05-23 22:33 | | Trackback | Comments(4)

2006年秋の九州(中編:阿蘇山)

前編からの続きです。

c0110112_2333484.jpg


翌朝は大観峰で阿蘇山を眺めてから、阿蘇山に登りに行きました。砂千里ヶ浜を横切って中岳・高岳に登りました。阿蘇山はやっぱりスケールが大きいです。草千里ヶ浜も相変わらず美しい風景です。でも馬糞が多いので歩く時には注意が必要ですね。
阿蘇五岳(中岳、高岳、烏帽子岳、杵島岳、根子岳)の内、根子岳だけまだ登ったことがありません。根子岳山頂付近はとても危険で、時々事故があるそうです。以前はいつか登りたいと思っていましたが、今は眺めるだけで十分です。歳をとったという事でしょう。

c0110112_2335534.jpg

c0110112_234848.jpg

c0110112_2341920.jpg

c0110112_2342966.jpg

c0110112_2344167.jpg

c0110112_234521.jpg

c0110112_235437.jpg

c0110112_2352891.jpg

c0110112_2354127.jpg

c0110112_2355293.jpg

c0110112_236597.jpg

c0110112_2361522.jpg

c0110112_2362531.jpg

c0110112_2363411.jpg

c0110112_2364628.jpg

c0110112_2365945.jpg

c0110112_237935.jpg

c0110112_237197.jpg

c0110112_2372959.jpg

[PR]
# by snowlight48 | 2007-05-22 23:09 | | Trackback | Comments(2)