栗駒ワイルドサイド

c0110112_22412903.jpg
2016年9月24日、栗駒山へ。
栗駒はこれまで何度か登ったけれど、
いつもいわかがみ平からのショートハイキングだったので、
栗駒山のイメージは「たおやかでやさしい山。」という印象でした。
今回はもっとがっつり歩きたかったので、表掛ルートで登って、裏掛ルートで降るというプランにしてみました。
このルート、最初こそ平坦なブナ林歩きで始まるものの、そのあと3時間くらい沢登り。けっこう険しい。
下山に使った裏掛ルートも土石流が起こったドゾウ沢を横切るルートになっていて、
栗駒山にもこんなに荒々しい表情があったのか。と印象を新たにしたのでした。
東北の山、蔵王のロバの耳尾根を登った時も思ったけど、ときどきこういう意表をつくようなコースがあって面白い。
c0110112_22395107.jpg
c0110112_22401017.jpg
c0110112_22402155.jpg
c0110112_22403967.jpg
c0110112_22410716.jpg
c0110112_22431638.jpg
c0110112_22454078.jpg
c0110112_22460619.jpg
c0110112_22462544.jpg
c0110112_22470711.jpg
c0110112_22472949.jpg
c0110112_22474743.jpg

[PR]
by snowlight48 | 2016-10-19 22:54 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://journeyist.exblog.jp/tb/26075890
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 乗鞍の賑やかな空 雨雲の狭間で >>