Rosy Red Mountain

c0110112_2325311.jpg

2014年3月15日土曜日、快晴。
赤岳のアーベントグリュエンをひと目見たくて、
また赤岳に登る。
結局この冬は赤岳に5回も登ってしまった。

さて、紅く染まるかどうかはいろんな条件のめぐり合わせで、
苦労して登ったからといって必ず見られるわけではない。
しかーし、日頃の行いがいいようで、
運よく紅く染まる赤岳の姿を見ることができた。
すごい。
きれい。

ただ、ひとつ分かったこと。
この時期の赤岳が紅く染まる時間帯には、
阿弥陀岳の影が赤岳の大部分を覆ってしまって、
紅くなるのはほんの一部分だけ。
それでも充分に感動的な光景なんだけど、
おそらく12月や1月なら光と影の成り立ちが異なってくるはずで、
赤岳の壁面全体が紅く染まる瞬間が、あるのか?ないのか?
興味津々で、今から来年の冬が待ち遠しい。
この尽きることのない探究心と情熱を、
もっと別の方向に活かせばいいのに。という皆さんの心の声はそっと受け流して、
来冬きっとまた見に来よう。
c0110112_23255585.jpg
c0110112_2326337.jpg
c0110112_23261033.jpg
c0110112_23261881.jpg
c0110112_23262822.jpg
c0110112_23263667.jpg
c0110112_23264392.jpg
c0110112_23265391.jpg
c0110112_2327117.jpg
c0110112_2327867.jpg
c0110112_23272690.jpg
c0110112_23273548.jpg
c0110112_23274355.jpg
c0110112_23275297.jpg
c0110112_2328164.jpg
c0110112_23281060.jpg
c0110112_2328193.jpg
c0110112_23282782.jpg
c0110112_23284037.jpg

[PR]
by snowlight48 | 2014-03-30 23:29 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://journeyist.exblog.jp/tb/21919212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 黄昏のりくら Replay! >>