雲海の夕景 霧ケ峰にて

c0110112_22425453.jpg

2010年2月28日、
2月最終日の日曜日。
天気予報は「雨のち晴れ」。
こんな天気予報のときは、割とドラマチックな景色が見れることが多いものです。

午前中は予報通り、どおんよりとした天気で、雨とか重たい雪とかも降ったりして、
とてもどこかに出かけようという気分ではなかったです。
午後になって、雲が薄くなってきたかな、という感じはしましたが、
まだまだ「晴れ」とはいえない様子でした。
なので、夕景に狙いを定めて、
ぼっさぼさにのびた髪の毛をカットしてもらいつつ、天気の回復を待っていました。
そして向かったのは霧ケ峰の車山。
上手くいけば雲海が見れるかもと思っていたけど、
どこに行けば雲の上に出られるのかは雲の様子によって分からないので、
行き先を決めるのは勘と運なんです。
今回は運が良くて、雲海の夕景を眺めることができました。

雲海を見ると、ふと、
「雲海の下の人たちにとっては、今「曇り」なんだよなあ。」
と思ったりします。
どんなに天気予報が「晴れ」って言っても、
実際にちょっと丘に登れば晴れていたとしても、
自分から見た上空に雲がかかっていれば、その人にとっては「曇り」なわけで、
そういうことが、松本平では往々にしてあります。

当たり前のことなんだけど、
どんなにどんよりとしていても、雲の上には常に青空もしくは満点の星空があるのだという、
その当たり前のことを、実際にどんよりとしてる中で想像するのは、意外に難しいことなのかもしれません。
今ここで雲海の夕景を眺めている自分と、
雲海の下で「今日は結局、あんまり晴れなかったなぁ」とか思っていたかもしれなかった自分とは、
けっこう紙一重だよなぁ。とか思いながら、
両者を分けたのは結局のところ、なんだったんだろう?と考えたりもします。
c0110112_22431317.jpg
c0110112_2243234.jpg
c0110112_22432967.jpg
c0110112_22433561.jpg
c0110112_22434277.jpg
c0110112_2243491.jpg
c0110112_22435576.jpg
c0110112_2244252.jpg
c0110112_22441019.jpg
c0110112_2244171.jpg
c0110112_22442628.jpg
c0110112_22443335.jpg
c0110112_22444175.jpg

[PR]
by snowlight48 | 2010-03-10 22:49 | 散歩 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://journeyist.exblog.jp/tb/13918102
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< CharMant 2010年冬の東北の旅 猪苗代湖畔 >>