思い出を残して歩け。

journeyist.exblog.jp
ブログトップ

タグ:2008年 ( 20 ) タグの人気記事


2008年 12月 24日

艸木虫魚

c0110112_22515456.jpg

先週インフルエンザでしばらく寝込んでいました。
インフルエンザなんて10年以上ぶりにかかったけれど、体はたいしたもので、もうすっかり治りました。

病床に臥しながら「艸木虫魚」(著者:薄田泣菫、岩波文庫)という本を少しだけ読みました。
先日たまたま読んでいたマンガでこの本の中に書かれている「魚の旅」というエッセイについて紹介されていて、読んでみたくなったのです。
このエッセイの中で、著者が山道でウナギを踏んでしまった体験談が語られています。
ウナギが産卵のために川と海を行き来するのはよく知られていますが、時には陸上を移動することもあるそうで、
高地の湖沼から陸を這って川に出たり、川を伝って大海・深海へたどり着き、また川を溯ったり。
ウナギの生態はよく分かっていないそうですが、なにしろ生きることに対する凄まじい執念というか力を感じます。
著者に踏まれたウナギはいつの間にか去って、著者は「まあ、よかった」と呟きます。

こないだ僕も車で鹿に衝突したのですが、その時の記憶が甦りました。
あの鹿も力強く逃げていって、僕もまた「ああ良かった」と思うと共に、その丈夫さを羨ましく思ったものです。

この「魚の旅」というエッセイの最後の方で、

「あの粘り強い生命の力さえ失わなかったら、
 ちょっとやそっとの傷はあっても、それはすぐに癒えついて、
 自分に負わされただけの旅の役目は、きっとしおおせるだろうと思った。」

という一文があって、
とても強くこころに残りました。

世の中にはなかなか治らない病気や治し方が分からない病気もあるし、
原因すら分からないまま、長い間体調不良に悩まされることだってあります。

そんな時は、自分自身の生命力・回復力を信じることがとても大切だということを、かつて経験から学びました。
できなくなってしまったことを指折り数えるよりも、
できることに目を向けて、できることを精一杯やっていたい。
心配してもしかたのないことを心配するよりも、
大丈夫だといって、楽しく笑っていたい。
それ以上のことは、天にでも任せておけばいい。

僕もまた、今でこそ山やスキーをまた元気に楽しむ事ができるようになったけれど、
桜とか新緑、蛍の光、高山植物・・・
そういう生命の力を目の当たりにすることによって、ずいぶん励まされてきたのだな。
と、振り返ってふと思いました。

c0110112_22545560.jpg
c0110112_22551512.jpg
c0110112_22552458.jpg
c0110112_22553941.jpg
c0110112_22554759.jpg
c0110112_22555350.jpg
c0110112_2256264.jpg
c0110112_22561047.jpg
c0110112_22561968.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2008-12-24 22:59 | こころ | Trackback | Comments(2)
2008年 12月 08日

静かな闘志

c0110112_23255761.jpg

2008年3月22日、晴れ。
八方池まで歩いてみました。

無心に歩くのもいいのだし、
考え事をしながら歩くのもいいのだし、
景色に夢中になって歩くのもいいのだし、
雪を踏みしめる感触を楽しみながら歩くのもいい。

たった1ピッチとはいえ、
山に踏み込んで、一歩一歩足を前に踏み出すうちに、
静かな闘志がわいてきて、
立ち止まって雄大な景色を目の当たりにしたら、
なんだかよく分からないけど、
ずいぶん勇気をもらった、あの頃。
c0110112_2326156.jpg
c0110112_23262493.jpg
c0110112_23263270.jpg
c0110112_23264099.jpg
c0110112_23264860.jpg
c0110112_23265661.jpg
c0110112_2327497.jpg
c0110112_23271410.jpg
c0110112_23272349.jpg
c0110112_23273236.jpg
c0110112_23274229.jpg
c0110112_23275160.jpg
c0110112_23275939.jpg
c0110112_2328767.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2008-12-08 23:31 | 散歩 | Trackback | Comments(6)
2008年 11月 30日

雨上がりの世界

c0110112_2243464.jpg

2008年11月16日、
天気予報では一日ずっと雨となっていたので、家でのんびり過ごすつもりだったのですが、
夕方近くになって急に青空が広がったものだから、
気持ちのスイッチが切り替わって、カメラと防寒着を詰め込んで、ジムニーでとにかく出発。

で、着いたところは高ボッチ。
我が親愛なる裏山。

雨上がりの空が好きなんだ。
空気が澄んでいて空の色がきれいだし、
浮かぶ雲は放埓で変化に富んでいるし、
濡れた草木は生き生きと光っているし。
いつもより輝きを増した世界。

飽きることなく眺めた後、
日も暮れて、キュンキュン鳴き始める鹿の声を聞きながら帰路に着きました。
c0110112_22441168.jpg
c0110112_22441910.jpg
c0110112_22442859.jpg
c0110112_22443718.jpg
c0110112_22444462.jpg
c0110112_22445346.jpg
c0110112_2245264.jpg
c0110112_22451345.jpg
c0110112_22454166.jpg
c0110112_22454958.jpg
c0110112_2246021.jpg
c0110112_22462092.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2008-11-30 22:49 | | Trackback | Comments(4)
2008年 11月 24日

夕景081122

c0110112_2321957.jpg

2008年11月22日、
3連休初日はもったいないくらいいい天気で、
しかも白馬では雪が積もったのだから、
本来であれば、
早起きでもして、板とブーツを積んで、
ルンルン出かけようものなのだけど、
まだタイヤ替えてないし、(←ちなみに実家からジムニー借りました。)
寝坊したし、
土曜日はゆっくりしたいし。

とかいろいろ自分に対する言い訳を考えながら、
タイヤを替えたり、床屋さんに行ったり、車のパンフレット貰いに行ったり、夕焼けを眺めたり、
そんな雑用を済ませつつ、またスキーをやってもいいものかどうか、逡巡していたわけです。

翌23日、こっそり八方尾根で久しぶりにスキー板を履きました。

滑れた。
嬉しかった。
転んだ。
笑った。
c0110112_234690.jpg
c0110112_2341649.jpg
c0110112_2344783.jpg
c0110112_235148.jpg
c0110112_2352492.jpg
c0110112_236368.jpg
c0110112_2362949.jpg
c0110112_2364068.jpg
c0110112_236494.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2008-11-24 23:14 | | Trackback | Comments(3)
2008年 11月 17日

落葉散歩

c0110112_015298.jpg

晩秋の高原は落葉色。
こんな散歩道を曇天の下ひとり歩くのはもちろん寂しい。
でもまあ、
落葉を踏みしめながら歩くのも気持ちが良いものだし、
滝をボーっと眺めたり、
小さくて静かな淵のほとりでたたずんだりして、
夢中になってシャッターを押したりしているうちに、
昨日までの、追われるような忙しい日々の疲れが、
いくぶん洗い流されて、
また来週はりきっていこうという気持ちになれたり、する・・・?
c0110112_0212098.jpg
c0110112_0212753.jpg
c0110112_0213491.jpg
c0110112_0214177.jpg
c0110112_0215322.jpg
c0110112_022279.jpg
c0110112_0224192.jpg
c0110112_0225110.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2008-11-17 23:37 | 散歩 | Trackback | Comments(10)
2008年 11月 10日

霧ケ峰夕景

c0110112_23592983.jpg

2008年11月2日、霧ケ峰にて
この日の夕空は、適度に雲があって、好みの空でした。
霧ケ峰は八ヶ岳、富士山、南アルプス、中央アルプス、北アルプス、美ヶ原などなど、
いろいろ見渡すことができる優れた展望台です。
この日は日暈を見ることができました。
たぶん内暈。
22°ハロともいうそうです。
日暈はそんなに珍しい現象ではないと思うのだけれど、
それにしても最近、こういう大気現象によく出くわします。

鹿と衝突したのはこの写真を撮った帰り道。
車のダメージは思ったよりも深刻でした。
現在、走行距離17万キロで、20万キロを目標に大切に乗ってきましたが、
こんな形で、思いがけずお別れすることになるかもしれません。
鹿は倒れもせずに逃げていったけれども、車のダメージを考えれば、
きっと鹿だってただでは済んでいないのだろうな。

たとえ気をつけていても、何が起こるか分からないものです。
ただ、自分の体が無事だったのは本当に良かったです。

c0110112_002732.jpg
c0110112_00369.jpg
c0110112_02985.jpg
c0110112_032774.jpg
c0110112_03407.jpg
c0110112_035194.jpg
c0110112_043177.jpg
c0110112_043939.jpg
c0110112_044990.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2008-11-10 23:25 | | Trackback | Comments(2)
2008年 10月 23日

夕景081018

c0110112_23512744.jpg

2008年10月18日夕方、
高ボッチ高原にて。

見渡す限りススキの絨毯で、
夕日を浴びて黄金色に輝く様は、
なかなか見応えのある風景でした。

この日は雲一つない好天でしたが、
少し霞みぎみで、諏訪湖越しの富士山は見ることができませんでした。

雲がない夕空は、色を楽しみます。
夕方色と夜色とのグラデーション。

いつも雲をアクセントにして構図を考えるので、
こういうシンプルな空は、
どう切り取っていいのかちょっと迷うのだけれど、
シンプルな空は何も考えずにシンプルに撮ればいいのかもしれません。

c0110112_23522487.jpg
c0110112_23523245.jpg
c0110112_23523967.jpg
c0110112_23524979.jpg
c0110112_23525784.jpg
c0110112_235351.jpg
c0110112_23531481.jpg
c0110112_23532585.jpg
c0110112_23533415.jpg
c0110112_23534299.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2008-10-23 23:57 | | Trackback | Comments(2)
2008年 10月 16日

薄明の空に

c0110112_2217412.jpg

2008年10月12日、
3連休の真ん中の日曜日。

近所の高台で夕焼け見物してました。
途中までは、普通の秋空の夕焼けだったのですが、
c0110112_22181421.jpg

  ↑
この写真の30分後、
薄明の空に、紅色の柱が垂直に立ちのぼり、
モーゼの十戒とまではいかなくとも、
インディジョーンズ失われた聖櫃のワンシーンを見ているような、
そんな空を見ました。

c0110112_22191729.jpg

わずか2分間。
こんな現象は初めて見たし、聞いたこともありません。

北アルプスの向こう側、
地平線の向こう側を想像するのだけれど、
いったい、何がどうなればこのような現象が起こるのか。

モルゲンロートやアーベントグリュエン、
斜光線が作り出す感動的な現象はいくつかありますが、
この現象は、もう二度と見ることができないかもしれません。

経験から言って、
夕方の空は、
夕日そのものよりも、
日が沈んでからすっかり暗くなるまでの「薄明」と呼ばれる時間帯にこそ、
むしろ驚かされることが多いのです。

c0110112_22223974.jpg
c0110112_22225926.jpg
c0110112_2223931.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2008-10-16 22:28 | | Trackback | Comments(11)
2008年 10月 12日

崖へ出て空を見るのだ

c0110112_20544.jpg

10月4日八ヶ岳の天狗、後半です。
黒百合ヒュッテで昼飯食って、天狗の奥庭経由で東天狗の山頂へ。
天狗の奥庭は、岩から岩へと渡り歩く感じで、なかなか楽しくて好きです。
稜線に出たところで、ふと崖下を見ると、ブロッケン現象に遭遇しました。
久しぶりに見ました。
自分の影の周りに虹のような光の輪ができて、なんか嬉しくなるんですよね。

c0110112_206437.jpg
c0110112_2061475.jpg
c0110112_2063823.jpg
c0110112_2064879.jpg
c0110112_207630.jpg
c0110112_2072069.jpg
c0110112_2072918.jpg
c0110112_2074248.jpg
c0110112_2075732.jpg
c0110112_2081080.jpg
c0110112_2084318.jpg
c0110112_2085779.jpg
c0110112_2092599.jpg
c0110112_2093725.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2008-10-12 20:14 | | Trackback | Comments(6)
2008年 10月 09日

木魂と口をきくのだ

c0110112_2216469.jpg

タイトルは高村光太郎さんの「当然事」の冒頭の一節です。

「 あたりまへな事だから
  あたりまへな事をするのだ。
 空を見るとせいせいするから
 崖へ出て空を見るのだ。
 太陽を見るとうれしくなるから
 盥(たらい)のやうなまつかな日輪を林中に見るのだ。
 山へ行くと清潔になるから
 山や谷の木魂(こだま)と口をきくのだ。

 ・・・ 以下略 」

10月4日土曜日、晴れ。
北八ヶ岳の天狗岳に出掛けました。
最近仕事が忙しいので、土曜の早起きはちょっと苦手です。
渋の湯出発が11時、山頂まで行けなくても構わないから、
気持ちの良い晴天のもと、八ヶ岳の樹林の中を彷徨いたかったのです。

結果的には、山頂を踏むことができて、
ずいぶん元通り歩けるようになったものだと、嬉しかった。

八ヶ岳の樹林は相変わらず優しくて、
もう好きで好きでたまりません。

秋の鈍い光が木々の間隙を縫って、
スポットライトのように道を照らしていました。
光と陰の強烈なコントラストの世界。

まさに、
崖へ出て空を見て清々しい気持ちになり、
林中に太陽を見て嬉しくなり、
木霊と会話する。

そんな休日でした。

とりあえず黒百合ヒュッテまでの樹林帯の写真を掲載します。
後半は後日掲載します。

c0110112_2218051.jpg
c0110112_22181094.jpg
c0110112_22182157.jpg
c0110112_22183945.jpg
c0110112_22184895.jpg
c0110112_2219255.jpg
c0110112_22191482.jpg
c0110112_22193717.jpg
c0110112_22194762.jpg
c0110112_22195758.jpg
c0110112_2220874.jpg
c0110112_22201962.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2008-10-09 22:27 | | Trackback | Comments(0)