タグ:10月 ( 18 ) タグの人気記事


2016年 11月 14日

霧ヶ峰散歩

c0110112_23331065.jpg
2016年10月30日。
八ヶ岳方面に登りに出かけたが、
八ヶ岳を覆う雲は当分とれる気配がなく、
霧ヶ峰を散歩することにした。
夕方になってようやくとれてきた雲から顔を出した八ヶ岳はうっすら白かった。
冬は近い。
c0110112_23324681.jpg
c0110112_23332680.jpg
c0110112_23335608.jpg
c0110112_23342733.jpg
c0110112_23344298.jpg
c0110112_23352714.jpg
c0110112_23362449.jpg
c0110112_23363685.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2016-11-14 23:39 | 散歩 | Trackback | Comments(2)
2016年 11月 09日

どこかに青い空はないか

c0110112_22372983.jpg
2016年10月23日、曇り(ところにより奇跡的に晴れ)。
この日、松本も北アルプスも八ヶ岳も終日雲に覆われてどんよりとした空模様だったが、
なぜか浅間山周辺だけ晴れ間が見え隠れしていた。
賭けではあったが、運良く夕日に映える浅間山を見ることができた。
c0110112_22325024.jpg
c0110112_22331089.jpg
c0110112_22333277.jpg
c0110112_22390494.jpg
c0110112_22394030.jpg
c0110112_22414658.jpg
c0110112_22423148.jpg
c0110112_22430314.jpg
c0110112_22433316.jpg
c0110112_22434208.jpg
c0110112_22435034.jpg


[PR]

by snowlight48 | 2016-11-09 22:51 | | Trackback | Comments(2)
2016年 11月 07日

雲待ち山行

c0110112_22403786.jpg
2016年10月16日、晴れのち曇り。
快晴の山歩きもそれはそれで気持ち良くて好きだけれど、
写真家の視点からすると、できれば雲の変化を楽しみたい。
この日、午前中は快晴だったけど、あえて空に雲が出始めるのを待って出発した。
運が良くてちょうど山頂に着く頃、いい感じの空模様になってくれた。
c0110112_22312229.jpg
c0110112_22313451.jpg
c0110112_22352178.jpg
c0110112_22354187.jpg
c0110112_22365659.jpg
c0110112_22381012.jpg
c0110112_22384573.jpg
c0110112_22390475.jpg
c0110112_22401585.jpg
c0110112_22402571.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2016-11-07 22:43 | | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 31日

三股からの常念

c0110112_22371315.jpg
2016年10月15日、晴れ。
ちょっと無心になりたくて常念に登った。
日帰りの時はいつも一ノ沢から登っていたけれど、
何となく自分には三股から登るほうが性に合っているんじゃないかという気がしていた。
そしてそれは思った通りだった。
無心になって登った。
c0110112_22274041.jpg
c0110112_22284484.jpg
c0110112_22312198.jpg
c0110112_22313080.jpg
c0110112_22321307.jpg
c0110112_22323714.jpg
c0110112_22364189.jpg
c0110112_22380188.jpg
c0110112_22381388.jpg
c0110112_22390587.jpg
c0110112_22395703.jpg
c0110112_22410833.jpg
c0110112_22413426.jpg
c0110112_22414977.jpg
c0110112_22420617.jpg
c0110112_22423813.jpg
c0110112_22430724.jpg
c0110112_22431693.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2016-10-31 22:48 | | Trackback | Comments(4)
2016年 10月 26日

乗鞍の賑やかな空

c0110112_22494419.jpg
2016年10月10日、体育の日。
三本滝から乗鞍岳へ。
おもしろい雲が多くて、
飽きることなくずっと空を見ていた。
c0110112_22381806.jpg
c0110112_22385148.jpg
c0110112_22391648.jpg
c0110112_22431416.jpg
c0110112_22435407.jpg
c0110112_22504602.jpg
c0110112_22514940.jpg
c0110112_22531817.jpg
c0110112_22560297.jpg
c0110112_22563689.jpg
c0110112_22564424.jpg


[PR]

by snowlight48 | 2016-10-26 22:59 | | Trackback | Comments(2)
2015年 11月 04日

戸隠にて

c0110112_22453154.jpg

2015年10月18日、晴れ時々曇り。
紅葉の戸隠に出掛けた。

今年はとうとうカメラの小型軽量化に着手して、
ここ半年あまりオリンパスのE-M1を使っていたんだけど、
先月壊れました。チーン。
早く修理にださなくては。

そこで、同じくオリンパスの世界一タフなカメラE-5を再稼動することに。
なんといってもこのカメラ、手に持ったまま沢に落ちたときも壊れなかった実績の持ち主なのだ。
(レンズには水が入ってしまったけど。)
やっぱりE-5の堅牢性に勝るものなし。とか思いながら戸隠の紅葉の散策路をるんるん歩く。
そして奥社の脇から登山道へと入り、16年か17年ぶりの戸隠山に登り始めた。
そこまでは良かったんだけど。
この日、E-5も壊れました。チーン。
シャッター幕が絡まって。
僕のE-5、この故障2回目です。
けど、前回の修理からだいたい3年で、うちE-M1を使っていた約半年を差し引いても、
2.5年×山行日数70日/年×平均400枚/日とすれば、
ざっと7万枚は撮っている勘定になって、
心情的には「10万枚はもってくれよな」とは思うものの、まあ納得できる範囲かなぁ、と。
けどね。紅葉が実に見事で、稜線からの風景も最高だったのに、
その風景をiPhoneでしか撮れないせつなさ。
早く修理にださなくては。
c0110112_22475989.jpg
c0110112_2248766.jpg
c0110112_22483570.jpg
c0110112_22484447.jpg
c0110112_22497100.jpg
c0110112_22491659.jpg
c0110112_22495813.jpg
c0110112_2250225.jpg
c0110112_22504330.jpg

シャッター幕が・・・。泣
以降iPhoneにて。
画質がどうこうというよりも構図がどうにもこうにも。
c0110112_22535286.jpg
c0110112_2254123.jpg
c0110112_2254122.jpg
c0110112_22541915.jpg
c0110112_22542796.jpg
c0110112_22544021.jpg
c0110112_22544820.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2015-11-04 23:03 | | Trackback | Comments(4)
2015年 10月 21日

燃える穂高を見た

c0110112_2232523.jpg

2015年10月10日、11日。
1泊2日で蝶ヶ岳へ。
珍しく単独行ではなく、総勢15人の大パーティです。
いつも単独行ばかりなので、こういう山行はとても貴重だし新鮮で楽しいです。
この日、青空は早々に薄曇りになってしまい、
青空の穂高が見られなかったのはちょっと残念だったけど、
その代わりに、、雲がいい感じで焼けてくれて、
すばらしく見ごたえのある夕焼けになりました。
特に終盤、穂高の山際が燃えるように赤く、まるで燃えているようでした。

<おまけ>
蝶ヶ岳では以前にも最高の夕景に恵まれました。

そうだ蝶ヶ岳、行こう。 ~夕焼け編~

c0110112_22331188.jpg

c0110112_22334273.jpg
c0110112_22341552.jpg
c0110112_22343658.jpg
c0110112_22345553.jpg
c0110112_22355027.jpg
c0110112_22361443.jpg
c0110112_22363565.jpg
c0110112_22364982.jpg
c0110112_22371991.jpg
c0110112_22372777.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2015-10-21 22:39 | | Trackback | Comments(2)
2014年 12月 06日

晩秋の前穂

c0110112_22455853.jpg

2014年10月26日、晩秋の前穂へ。
この時期は積雪・凍結などルートコンディションをよくチェックしておく必要があります。
この日はルートも天候もコンディションがよさそうだったので、前穂に登ることにしました。
9:30上高地出発。
前穂に登るときはなぜかいつも9:30出発。遅いです。
12:50前穂到着。速いです。
昨年よりも確実に力強く歩けていると思う。
残念ながら紀美子平から上はガスってしまって展望は得られなかったけど、
雪に閉ざされる前に、穂高に挨拶しに行くことができて良かった。
たとえどんなに親しくなったとしても、
穂高はいつも憧れの山で、
襟を正して登らなければなりません。
また来年も登りに行きます。
c0110112_22463992.jpg

c0110112_22464753.jpg
c0110112_22483040.jpg
c0110112_22485134.jpg
c0110112_22494413.jpg
c0110112_22502086.jpg
c0110112_22502862.jpg
c0110112_22522776.jpg
c0110112_22532233.jpg
c0110112_2254428.jpg
c0110112_22545811.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2014-12-06 22:56 | | Trackback | Comments(2)
2014年 11月 24日

雨飾とブナの森

c0110112_23525437.jpg

一昨日の地震、大変でしたね。
うちも糸魚川静岡構造線のど真ん中に位置する牛伏寺断層のすぐ近くに住んでいるので、
いつ揺れてもおかしくありません。
フォッサマグナに暮らす者として、常に心構えと備えが必要だと地震が起こるたびに思うけど、
半年も過ぎればついつい備えをおろそかにしてしまいますね。気をつけないと。
被害にあわれた方が一日も早く日常を取り戻せますように。

さて、気を取り直して。
2014年10月12日、雨飾山に出掛けました。
雨飾は不思議な山です。
季節によってずいぶん印象が違います。
春には雪に阻まれて荒菅沢にすらたどり着けずに引き返したこともあるし、
夏には暑さにやられてやっとの思いで山頂に着いたこともあります。
けど秋の雨飾は、うって変わって良い思い出ばかりです。
色付くブナの森を抜けて、荒菅沢から布団菱の迫力ある景色を眺め、
変化に富んだ楽しい山歩きを味わうことができます。
それにしても豪雪地帯のブナの森は美しいなぁ。
豪雪地帯にブナの森が多いのは、
雪の重さに負けないしなやかさをブナがもっているからだそうだ。
豪雪が厳しければ厳しいほど、白くて美しいブナになるのだそうだ。
やっぱブナいいなぁ。
新緑の頃もきっといいんだろうな。
また登りに行きますね。
c0110112_23534014.jpg
c0110112_23534881.jpg
c0110112_23535975.jpg
c0110112_2354199.jpg
c0110112_23552029.jpg
c0110112_23552818.jpg
c0110112_23553833.jpg
c0110112_23561712.jpg
c0110112_23562680.jpg
c0110112_23564998.jpg
c0110112_2357115.jpg
c0110112_23573063.jpg
c0110112_2357385.jpg
c0110112_23574573.jpg
c0110112_23575813.jpg
c0110112_2358750.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2014-11-24 23:59 | | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 20日

20年目の涸沢

c0110112_23464258.jpg

2014年10月4日、土曜日。概ね曇り。
紅葉のピークを若干過ぎた涸沢に出掛けた。
10:30上高地出発で涸沢を日帰りしようだなんて、
ちょっと虫が良すぎると思いつつも、軽快に進む。
紅葉のピークも過ぎたし、翌日は天気もいまいちな予報だったので、
そんなに混まないんじゃないかと予想したのだけど、全然読みが甘かった。
横尾を過ぎたらじきに渋滞につかまり始めてしまった。
それでもなんとか14:10涸沢到着。
涸沢でおでんを食べるのを楽しみにしてたのに、
売店は会計待ちのお客さんの行列ができちゃっててあきらめた。
こんな混雑した涸沢に長居は無用だ。
14:30下山開始。
といっても、せっかくなので屏風の耳経由で下山。
屏風岩はやっぱり最高の展望台だ。この日は前穂がかっこよかった。
ちょっとぎりぎりだなーと思いつつも、
きっちりペース配分のつじつまを合わせて18:00上高地発のバスで帰宅。
しかし横尾~涸沢の渋滞は何とかならないかなー。なんともならないだろうなー。
3年前のテント1200張りの日と比べれば全然ましだったけど、
もうハイシーズンの涸沢は近づきたくないなと思ってしまった。
涸沢の紅葉を見たくなったら、去年みたいに前穂から眺めることにしよう。

初めて涸沢を訪れたのは1994年の10月上旬。ちょうど20年前。
80Lのザックを背負って4泊5日。涸沢をベースに、屏風、奥穂、北穂に登った。
思えばあの時涸沢でモルゲンロートに魅せられて、山と写真にのめりこむようになったのだった。
涸沢は大好きだし原点でもあるので、近づきたくないだなんて思ってしまったことが無性に悲しい。
時が巡っていつかまた涸沢の紅葉を思う存分楽しめる日がくるといいな。と思う。
c0110112_2350270.jpg
c0110112_23501143.jpg
c0110112_23502011.jpg
c0110112_23505610.jpg
c0110112_23511315.jpg
c0110112_23513646.jpg
c0110112_23515973.jpg
c0110112_23521515.jpg
c0110112_23522484.jpg

おまけ↓ 20年前の涸沢
c0110112_23542792.jpg
c0110112_23544210.jpg
c0110112_23545142.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2014-11-20 23:57 | | Trackback | Comments(2)