タグ:北海道 ( 17 ) タグの人気記事


2013年 05月 18日

神々の遊ぶ庭で垣間見た世界 -2013GW北海道-

c0110112_23233450.jpg

2013年5月1日、
旭川にて朝を迎える。
空は予報通りの曇天。
しかしよく見れば所々明るい部分もあって、それほど分厚い雲でもなさそうかな?
ということで、僕の観天望気はあまりあてにならないが、
まあ行ってみよう、大雪山。
旭岳ロープウェイで姿見へ。
うん。視界すこぶる悪し。何も見えない・・・。
だけど奇妙なくらい暖かく、明るい。
何度も登った山なので地形は把握しているし、
まあとにかく山頂までは行ってみることにする。
それにしても視界が悪い。
9合目にて札幌在住のY君と遭遇。
山頂までご一緒させてもらいました。
山頂についてしばらくすると、あれほど悪かった視界が嘘のように晴れて、
神々の遊ぶ庭といわれる大雪山の眺望を垣間見ることができました。
奇跡だ。と思った。
これがまた、エキサイティングな景色でまいった。
白い大雪山。
またいつか機会を作って、テント泊で白雲岳ぐらいまで足をのばしてみたい。
c0110112_23242895.jpg
c0110112_2325858.jpg
c0110112_2326416.jpg
c0110112_23273839.jpg
c0110112_23304771.jpg
c0110112_23323351.jpg
c0110112_23341622.jpg
c0110112_23351923.jpg
c0110112_23365240.jpg
c0110112_23371933.jpg
c0110112_23381776.jpg
c0110112_2341972.jpg
c0110112_2346552.jpg
c0110112_23482279.jpg
c0110112_23492719.jpg
c0110112_23495255.jpg
c0110112_2351833.jpg
c0110112_23511763.jpg
c0110112_23521187.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2013-05-18 23:55 | | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 09日

白きシリベシ -2013GW北海道-

c0110112_22575181.jpg

GWは北海道に行ってました。
GWに北海道に行ったのは実に9年ぶり。
時の経つのはほんとに早い。

さて、苫小牧到着のフェリーを降りて、週間天気予報をチェック。
・・・晴れマークが一個もない(泣)
しかも雪マークなんでこんなに多いの??
ああ。迷ったけどスタッドレスのままにしておいて本当に良かった。
事前に思い描いていた数々の「朗らかな春山をまったり登ろうプラン」は全て白紙にもどして、
日々天気予報とにらめっこしながら行き先を決める旅となりました。
言ってみれば、すべて巡り合わせの旅。
まあ、計画通りの旅なんておもしろくないし、
こういう旅、逆に思い出に残るものです。

4月29日、天気予報では終日曇りとなっていました。
朝起きてみたら、確かに雲は広がっているけど、
シリベシ(羊蹄山です)がぽっかり晴れていて、まるで手招きしているようでした。
シリベシに登る予定は全然なかったんだけども、
まあともかく、いけるとこまで行って滑って降りてこよう。ということで出発!
で、結局火口壁まで登ってしまった。
なんかスピード上がらなくって、6時間かかった・・・。
晴れ間は朝のうちだけだろうと思っていたけど、雲は低いところに広がっていたようで、
登ってみたらそこは雲の上だった。
白いシリベシと青い空。素敵だ。
c0110112_2258348.jpg
c0110112_22585541.jpg
c0110112_22593781.jpg
c0110112_2301112.jpg
c0110112_2303766.jpg
c0110112_2335243.jpg
c0110112_234505.jpg
c0110112_2355893.jpg
c0110112_2364597.jpg
c0110112_2374543.jpg

c0110112_23103067.jpg
c0110112_23104524.jpg
c0110112_23114447.jpg
c0110112_23121926.jpg
c0110112_23131375.jpg
c0110112_2314433.jpg
c0110112_23144299.jpg
c0110112_2315955.jpg
c0110112_23162151.jpg
c0110112_23171725.jpg
c0110112_2318818.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2013-05-09 23:20 | | Trackback | Comments(0)
2012年 02月 24日

小樽散歩

c0110112_2158153.jpg

小樽観光するために行ったわけじゃないけど、けっこう歩き回ってしまった。
どこまでも行きあたりばったりな旅
c0110112_21582983.jpg
c0110112_2158398.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2012-02-24 21:59 | | Trackback | Comments(0)
2012年 02月 17日

札幌散歩

c0110112_024633.jpg

雪まつりを見るために行ったわけじゃないけど、けっこうじっくり見てしまった。
終始いきあたりばったりな旅。
c0110112_031487.jpg
c0110112_032273.jpg
c0110112_032987.jpg
c0110112_034032.jpg
c0110112_034931.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2012-02-17 23:49 | | Trackback | Comments(0)
2012年 02月 16日

人間の土地

c0110112_22564049.jpg

雲の切れ間から、不意に現れた白い街。
今どの辺りを飛んでいるのか定かでないが、
もしかしたら、かつて歩いたことのある街かもしれないな、と思う。

そのうち、遠くに湖が見える。
あれは猪苗代湖ではなかろうか。それにしては磐梯山が見えないな。
などとあれこれ思いを巡らすのもまた楽しい。
c0110112_22565910.jpg
c0110112_22572717.jpg
c0110112_22573864.jpg
c0110112_2258533.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2012-02-16 23:00 | | Trackback | Comments(0)
2012年 02月 15日

雲よりも高く

c0110112_22492340.jpg

北海道へと、ぶらり一人旅。
たまには空の旅もいい。
c0110112_2250304.jpg
c0110112_22505041.jpg
c0110112_22513171.jpg
c0110112_2252742.jpg
c0110112_22523257.jpg
c0110112_22525640.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2012-02-15 22:56 | | Trackback | Comments(0)
2009年 11月 08日

歳月 ~2009年北海道の旅、大雪山(黒岳・北鎮岳)~

c0110112_21542787.jpg

実を言うと、生まれて初めて登った山が、この大雪山の黒岳なんです。
まだ10代だった頃、北海道を旅したときに観光がてら登りました。
黒岳はロープウェイとリフトを使えば1時間の登りで山頂に立てるので、
観光ガイドブックにも掲載されているくらい敷居の低い山なのです。
あの頃は、山に登る人の気持ちなんて理解できなかったし、
まさか自分が登山をするようになるとはこれっぽっちも思っていませんでした。
ましてや、長野県民になろうとは、夢にも思わなかったです。

あれから17年。月日が経つのは早いものです。
その間、北海道の山々もたくさん登りましたが、この黒岳にはなぜか足を運ぶことがなく、
今回実に17年ぶり2度目の訪問になります。

今回はさらに少し足を伸ばして、北海道第2の高峰である北鎮岳まで行ってみました。
大雪山はやっぱり素晴らしいです。
今回の旅の最後を飾るに相応しい、最高の1日でした。
------------------------------
黒岳までは紅葉の樹林帯を見渡しながら登っていきます。
c0110112_21565624.jpg

c0110112_21571510.jpg
c0110112_21573468.jpg
c0110112_21574855.jpg
c0110112_21575781.jpg

黒岳から北鎮岳を望む。下に見えるのが石室。
c0110112_220523.jpg

石室と桂月岳
c0110112_2222036.jpg

雲ノ平を通って北鎮岳に向かいます。(大雪山にも「雲ノ平」があるとは初めて知りました。)
c0110112_2242539.jpg

御鉢平展望台にて。
c0110112_226635.jpg

北鎮岳はもうすぐです。
c0110112_2272293.jpg

数日前に眺めた御鉢平を、また眺めることができました。
c0110112_229251.jpg

御鉢平の赤石川源流。やがて石狩川に合流します。
c0110112_2210529.jpg

赤石川に沿って、来た道を戻ります。
c0110112_22115353.jpg

烏帽子岳です。
c0110112_22144050.jpg

満喫し過ぎて、下山した頃には夕方になっていました。
c0110112_2217919.jpg

そして旅は終わります。
c0110112_22175961.jpg

---------------------------
こうして今回の旅も思い出に残る素敵な旅になりました。
そしてこれからも、何度も何度も旅することになるでしょう。
まだ見ぬ景色をもっともっとこの目で見たいと欲するがため。
[PR]

by snowlight48 | 2009-11-08 22:28 | | Trackback | Comments(0)
2009年 11月 04日

この世の果て? ~2009年北海道の旅、十勝岳~

c0110112_23311164.jpg

「この世の果て」を思わせる風景というものがあります。
僕にとってのそれは、なんと言っても阿蘇の砂千里ヶ浜で、他にはちょっと思いつかなかったのですが、
今回、十勝岳に登った帰り道、安政火口付近からオレンジ色に染まる十勝連山を仰ぎ見た時に、
なんとなく「この世の果て」を感じました。
写真ではうまく伝わらないですが。

十勝岳に登るのはこれで3度目になります。
今回のルートは、十勝岳温泉→上富良野岳→上ホロカメットク山→大砲岩→十勝岳の往復です。
帰りは大砲岩から三段山に向かうルートもあるにはあるのですが、
三段山西側で崩落があり、通行できないとのことで、往復コースにしました。
そのおかげで、帰り道に安政火口に寄ることができて、
荒涼とした「この世の果て」の風景に出会うことができました。

十勝岳には表と裏の顔があって、
噴火によって吹き飛んだ地形の稜線を境界にして、
緑色の穏やかな起伏の丘からなる部分と、
白・黒・茶色の荒々しい岩壁からなる部分とを同時に眺めることができる、
変化に富む面白い山です。
-------------------------------
登山口の十勝岳温泉が見えます。
c0110112_23355733.jpg

緑と岩肌のギャップが印象的です。
c0110112_2337524.jpg

鳥です。ホシガラスか?
c0110112_23381976.jpg

十勝岳です。
c0110112_2338499.jpg

稜線の西側はこんな砂礫です。
c0110112_23402220.jpg

キタキツネが道案内をしてくれました。
c0110112_23423888.jpg

十勝岳です。
c0110112_23433484.jpg

昭和噴火口です。
c0110112_23444234.jpg

稜線の東側、境山方面です。
c0110112_23455656.jpg

帰路、十勝岳を振り返る。
c0110112_2347619.jpg

上ホロカメットク山は岩の塊です。
c0110112_23484423.jpg

荒々しい岩肌です。
c0110112_2349112.jpg

西日で何もかも染まります。
c0110112_23501818.jpg

安政火口付近にて。この風景がなんとなく「この世の果て」っぽい雰囲気でした。
c0110112_2353133.jpg

c0110112_23531887.jpg
c0110112_23532714.jpg
c0110112_23533734.jpg

そして旅は続きます。
[PR]

by snowlight48 | 2009-11-04 23:01 | | Trackback | Comments(0)
2009年 11月 03日

神々の遊ぶ庭 ~2009年北海道の旅、大雪山(旭岳)~

c0110112_22263422.jpg

大雪山に登らずして山の大きさを語るなかれ。
という言葉があるくらい、大雪山はでっかい山です。

大雪山の旭岳に行ってきました。
この山頂に立つのはかれこれ4回目になります。
大雪山もまた、たびたび訪れたくなる魅力に溢れた山域です。

今回のルートは、
旭岳ロープウェーを利用して、
姿見駅~旭岳山頂~間宮岳~中岳温泉~裾合平~姿見駅。
姿見から旭岳往復という人が多いのですが、それだとせっかくの御鉢平の風景を望むことができないので、
今回は贅沢にぐるりと一周するルートにしました。
中岳温泉から裾合平にかけて、チングルマ(の残骸)の大群落が圧巻でした。
夏だったらこの量のチングルマが全部花を咲かせているのかと想像したら、鼻血が出そうになりました。

聞きかじったところによると、
アイヌの人々は、大雪山連峰を指して「神々の遊ぶ庭=カムイミンタラ」と呼んだのだそうですが、
大雪山にはいたるところに広々とした、まるで庭のような場所が散在していて、
まさに「神々の遊ぶ庭」と呼ぶにふさわしい景観です。
--------------------------
姿見平
c0110112_2227496.jpg

山頂付近から姿見方面
c0110112_22292939.jpg

ライク ア ローリングストーン
c0110112_22303797.jpg

旭岳の向こう側
c0110112_2232930.jpg

御鉢平の全貌
c0110112_22323334.jpg

イワウメ
c0110112_22325179.jpg

黄金原~裾合平
c0110112_223522100.jpg

紅葉
c0110112_22361575.jpg

中岳温泉
c0110112_2236469.jpg

チングルマ(の残骸)
c0110112_22373350.jpg

紅葉
c0110112_22375381.jpg

これ全部チングルマ(の残骸)
c0110112_22382675.jpg

裾合平から旭岳を眺める
c0110112_2239118.jpg

ナナカマド
c0110112_2239338.jpg

確かに「神々が遊ぶ庭」っぽい感じ
c0110112_22411521.jpg

夫婦池に映る旭岳
c0110112_22422394.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2009-11-03 22:46 | | Trackback | Comments(0)
2009年 11月 01日

丘にて ~2009年北海道の旅、富良野・美瑛~

c0110112_2262383.jpg

2009年9月19日~26日、9連休をいただいて、
久しぶりに北海道の旅を満喫して来ました。

美瑛や上富良野辺りの丘をあてもなく彷徨うのが好きです。
丘々が無数に連なり、そこを細い道が縫うようにして走っています。
丘を越えるたびに、カーブを曲がるたびに、
風景は思いがけず変化していきます。
丘の道は、心のどこかをいつまでも引っ張っていくのです。
一度この迷路に迷い込んだら、いつも日が暮れるまで彷徨ってしまいます。
この辺りの風景に魅せられる画家や写真家が多くいるのもうなづけます。

c0110112_2210221.jpg
c0110112_22101893.jpg
c0110112_2210256.jpg
c0110112_2210348.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2009-11-01 22:12 | | Trackback | Comments(0)