思い出を残して歩け。

journeyist.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 19日

2000年夏の北海道

2000年の7月に北海道に行きました。

釧路→釧路湿原→阿寒→雌阿寒岳→摩周湖→硫黄岳→川湯温泉→斜里岳→斜里→宇登呂→羅臼岳→宇登呂→斜里→網走→札幌

c0110112_01754.jpg


「思い出を残して歩け」といいつつ、もうかなり忘れつつあります。やっぱり、忘れないうちに記録を残しておかないとダメですね。写真だけは残っているので何とか思い出すことができます。写真を撮っておいて良かったと、心の底から思います。

c0110112_0172510.jpg

c0110112_0173670.jpg

c0110112_0174632.jpg

c0110112_0175868.jpg

c0110112_0181826.jpg

c0110112_0184286.jpg

c0110112_0185540.jpg

c0110112_019665.jpg

c0110112_0191897.jpg

c0110112_0192933.jpg


[PR]

# by snowlight48 | 2007-02-19 23:21 | | Trackback | Comments(2)
2007年 02月 18日

2006年GWの東北

2006年のゴールデンウィークに東北を旅しました。

松本→月山ツアー→栗駒山ツアー→平泉→乳頭山ツアー→角館→十二湖→南八甲田ツアー→弘前城夜桜→小岩井→月山スキー場→松本

c0110112_2239212.jpg


テレマークスキーでツアーしました。
南八甲田はウロコ付きの板で快適にツアーできました。ウロコ付きの板でのツアーは初めてでしたが、想像以上に快適で楽しかったです。
弘前城の夜桜はとても混雑しますが、見る価値があります。堀の水に映った桜がとてもとても美しいです。

c0110112_2240414.jpg

c0110112_22405544.jpg

c0110112_22411470.jpg

c0110112_22414161.jpg

c0110112_22415271.jpg

c0110112_2242211.jpg

c0110112_22421635.jpg

c0110112_22423046.jpg

c0110112_22425228.jpg

c0110112_2243494.jpg

c0110112_22431481.jpg

c0110112_22434047.jpg

c0110112_22435668.jpg

c0110112_22441329.jpg

c0110112_22443494.jpg

c0110112_2244503.jpg

c0110112_224538.jpg

c0110112_22452444.jpg

c0110112_22453421.jpg

c0110112_22454650.jpg

[PR]

# by snowlight48 | 2007-02-18 22:48 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2007年 02月 15日

2006年夏の小諸懐古園

我ながら季節感のない投稿だとは思いますが・・・

2006年7月末に小諸の懐古園に散歩しに行きました。

c0110112_23573737.jpg


7月ももう終ろうかという時期でしたが、アジサイが満開でした。
アジサイ=6月というイメージでしたが、信州ではちょっと時期がずれているみたいです。懐古園はこれまでも何回か訪れていますが、こんなに見事な数のアジサイが咲くとは知りませんでした。

c0110112_022919.jpg

c0110112_023926.jpg

c0110112_025041.jpg

c0110112_03227.jpg

c0110112_031860.jpg

c0110112_032914.jpg

c0110112_034496.jpg

c0110112_035649.jpg

[PR]

# by snowlight48 | 2007-02-15 00:05 | 散歩 | Trackback | Comments(0)
2007年 02月 08日

2002年秋の九州(後編)

前編からの続きです。

c0110112_23164337.jpg


阿蘇の烏帽子岳は登り45分くらいの易しい山ですが、結構厄介でした。やけに馬糞が多いと思ったら、人間用の登山道でなく、馬のケモノ道だったりして騙され易いです。人間用の登山道もかなり藪漕ぎチックで、両腕がキズだらけです。とはいえ、普通の観光では眺めるだけの山に登るのは正直言って気分良いものです。次に中岳に登ろうとしたら、風向きの関係で、10時過ぎから登山規制がかかってしまっていて、止められてしまいました。仕方がないので杵島岳に登りました。杵島岳の山頂で景色を眺めていたら、放送が聞こえてきて、何やら規制が解除された雰囲気だったので、あわてて下山し、中岳に登りました。草千里浜も良いですが阿蘇でイチオシの場所は何と言っても砂千里浜です。あの荒涼感がたまりません。普通観光で阿蘇に行くと、草千里をみて、中岳の火口を覗いて終了なのですが、中岳の火口からすぐ近くの砂千里浜も歩いて見ると良いでしょう。
長崎では敢えて観光地には入らず、もっぱら路地の散策に明け暮れました。特に十人町・館内町・中新町・稲田町・西小島町辺りの路地は最高に楽しい。普通あの地形のところに民家は建てないと思う。県道227号の坂の上辺りから遠望すると、ナケナシの土地にムリヤリ住んでいる様子が良く分かる。郵便配達は日本一難易度が高い地域ではないかと思う。(実際に郵便配達夫を見かけたが、大変そうだった。)寺町も好き。それにしても長崎は猫が多い。この日およそ5時間くらい歩きまわったけれども、その間見かけた猫の数は少なく見積もって30匹は下らないと思う。8年前にも路地の一角に7~8匹の猫がたむろしているのを見てショックを受けたが、相変わらず多かった。この街は多面体だ。ものすごくいろんな顔を持っていて一日やそこらではとても見きれない。

烏帽子岳と草千里浜
c0110112_2320236.jpg

烏帽子岳から中岳方面を望む
c0110112_23211889.jpg

砂千里浜
c0110112_2324145.jpg

中岳の火口壁
c0110112_23243099.jpg

根子岳
c0110112_2325423.jpg

砂千里浜にて
c0110112_23281134.jpg


c0110112_23284629.jpg

根子岳
c0110112_2330120.jpg

熊本城
c0110112_23302861.jpg

猫のいる路地
c0110112_2331542.jpg

オランダ坂周辺
c0110112_23314242.jpg

平戸にて
c0110112_23321033.jpg

[PR]

# by snowlight48 | 2007-02-08 23:35 | | Trackback(1) | Comments(0)
2007年 02月 07日

2002年秋の九州(前編)

2002年10月に九州に行きました。

松本~小倉~平尾台~別府~由布院~久住~高千穂峡~阿蘇~熊本~島原・雲仙~長崎~平戸~吉野ヶ里~松本

c0110112_23311554.jpg


この旅は全体的に天気に恵まれました。
平尾台では大平山に登ってみました。カルスト地形は大変おもしろいです。千仏鍾乳洞は8年ぶりに入りましたが相変わらず楽しかった。
由布院の下ん湯に行きました(夜10時過ぎ)が、電球が切れていて真っ暗だったので、ヘッドランプ持参で入りました。それはそれでなかなかオツで得難い体験でした。
久住は快晴。やはり非常に良い山です。思えば初めて本格的な登山をしたのがこの山だったので、感慨深いものがあります。長者原起点の日帰り。念願の法華院温泉にも入りました。オススメは北千里浜における漂泊感・西千里浜での心地良さ・法華院温泉での脱力感・中岳山頂での「自分は今九州本島で最も高いところにいるんだ」というフフン感。坊ヶツルの「いつまでもここにいたい」感。といったところか。何度でも登りたい山です。6月にはミヤマキリシマであちこちピンクに染まるようですが、個人的には自然界にピンクという色はあまり認めたくないので、その時期はパスです。むしろ、初めて登ったときのように御池が凍る冬に登るのが心地良い孤高感があって好きです。
高千穂峡は天気が不安定だったので言わば時間つぶしに行ったのだけれど、思いのほか良かったです。
阿蘇は快晴。この日は早朝大観峰で御来光を堪能してから、まず草千里に向かい、おもむろに烏帽子岳に登りました。(後編に続く)

c0110112_23371099.jpg

c0110112_23373131.jpg

c0110112_23374161.jpg

c0110112_2337544.jpg

c0110112_2338453.jpg

c0110112_23381578.jpg

c0110112_23382864.jpg

c0110112_23384030.jpg

c0110112_23384976.jpg

c0110112_23385866.jpg

[PR]

# by snowlight48 | 2007-02-07 23:41 | | Trackback | Comments(0)