2007年 02月 04日

2006年秋の栂池自然園

2006年の10月、体育の日の3連休の最終日に栂池自然園に行きました。

c0110112_1719828.jpg


3連休の1日目と2日目は山は大荒れだったようで、白馬岳でも死亡事故がありましたが、この3連休最終日は非常に素晴らしい天気でした。
ただ、ものすごい混雑で、ゴンドラを降りた目の前にロープウェイ待ちの行列の最後尾がいました。栂池自然園は何度も行ってますが、こんなことは初めてでした。
はじめチケット売り場でロープウェイの待ち時間を聞いたときは、帰ろうかと思いましたが、帰らなくて良かったです。素晴らしい景色でした。

c0110112_1719281.jpg

c0110112_17194147.jpg

c0110112_17195374.jpg

c0110112_1720683.jpg

c0110112_17201746.jpg

c0110112_17203459.jpg

c0110112_17204756.jpg

c0110112_1721110.jpg

c0110112_1721168.jpg

c0110112_17212930.jpg

c0110112_17214157.jpg

c0110112_1721539.jpg

[PR]

# by snowlight48 | 2007-02-04 17:24 | | Trackback | Comments(0)
2007年 02月 04日

2007年2月3日のシャルマン

今日はシャルマンに滑りに行ってきました。
木曜から金曜にかけてだいぶ降ったはずなので期待していたんですが、9時到着だともう全然遅くて、1~2本滑った頃にはもう、めぼしいところは食い尽くされてしまいました。それでも探せばフレッシュな斜面があるのがシャルマンのステキなところです。結構満喫できました。ただし、正直言ってまだまだ例年の30%くらいの満足度ですね。
もうしばらく待ってみます。

c0110112_05875.jpg

c0110112_053541.jpg

c0110112_054749.jpg

c0110112_055760.jpg


[PR]

# by snowlight48 | 2007-02-04 00:09 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2007年 02月 03日

2003年秋の北海道(後編)

前編からの続きです。

c0110112_2347388.jpg


斜里岳は抜群に天気の良い日だったので平日とはいえ誰か登りに来るだろうと思っていたのに、結局その日斜里岳独り占めでした。今回2度目となる斜里岳は楽しい沢登りコースがあって、今回もそのコースで登りましたが、岩肌が凍っていてつるつる。ザックに軽アイゼン忍ばせておいて良かった。アイゼンなしではとても登れたもんではない。山頂からは摩周湖・屈斜路湖だけでなく、オホーツクや知床の山々も望め、抜群の眺めでした。

c0110112_23473654.jpg

c0110112_23475392.jpg

c0110112_2348854.jpg

c0110112_23482218.jpg

c0110112_23485538.jpg

c0110112_23493086.jpg

c0110112_23494617.jpg

c0110112_2350126.jpg

c0110112_2350182.jpg

c0110112_23503515.jpg

c0110112_23504961.jpg

c0110112_2351372.jpg

c0110112_23511652.jpg

c0110112_23512918.jpg

c0110112_23514276.jpg

c0110112_23515314.jpg

[PR]

# by snowlight48 | 2007-02-03 23:53 | | Trackback | Comments(0)
2007年 02月 02日

2003年秋の北海道(前編)

2003年10月11~19日

松本→新潟→フェリーで苫小牧→羊蹄山登山→余市→札幌→雨竜→芦別→富良野→トムラウシ山登山(途中で下山)→帯広→オンネトー・阿寒湖→屈斜路湖→斜里岳登山→斜里→北見→層雲峡→旭川→苫小牧→フェリーで新潟→松本

入った温泉:カルルス、真狩、鶴亀、妹背牛、トムラウシ2回、オンネトー湯の滝、仁伏、コタン、斜里、温根湯、塩別

c0110112_22214399.jpg


本当は9月下旬に行く予定でしたが、仕事のキリがつかなくて延期しました。予定通り行っていたら十勝沖地震に見舞われていたので延期したのは幸運だったかも知れませんが、そのかわり山はもう晩秋というよりは初冬に近くて、大雪山系のトムラウシは完全に氷と雪の世界だった。旭岳あたりはスキーツアーができそうなくらい白かった。天気は気圧の谷の影響を受け続けてしまって、降ったり晴れたり不安定でしたが、上川地方が悪い日に峠ひとつ越えた十勝地方は晴れだったりして、割と上手く天気の良さそうな地方への立ち回りができたと思います。最初予定していたのは、羊蹄山・雨竜沼湿原と南暑寒別岳・トムラウシ・黒岳or白雲岳でしたが、この内雨竜はシーズンが終って吊橋が撤収されてしまっていたため不可。黒岳or白雲は天気との折り合いでトムラウシとの選択になり、優先順位からトムラウシを選びました。で、やはり天気の具合で道東に足を伸ばすことになって、天気が良かったので予定にはなかった斜里岳に登った次第です。まあ、イキアタリバッタリの旅です。
羊蹄山は雪もほとんどなく、比較的天気の良い休日だったこともあって、結構多くの人が登っていましたが、トムラウシと斜里岳にいたっては、平日だったせいだと思いますが、私以外に誰も登っていなくて独り占め状態でした。本州の山で独り占めだと結構嬉しいですが、北海道の山は独りだとヒグマが怖くて困ります。特にトムラウシ温泉からトムラウシに登るのは大雪山の一番フトコロの深いところなので、明らかにヒグマのテリトリーを歩くことになります。しかも今回は雪道だったので、ついさっき通ったばかりと言わんばかりの動物たちの足跡がいっぱいで、おぞましいことこの上ない心細さ。最初はキツネの足跡だったのが、そのうちシカの足跡が多くなってきたと思っていたら、コマドリ沢のちょっと手前の辺りで、「これってヒグマだよね」って思わずつぶやいてしまう足跡に3回くらい遭遇してしまった。カウベル2個+お守りのニポポ人形の備えはあったので、まあ大丈夫とは思ったけれども、結構臆病なので、祈るような気持ちでした。普段、北アルプスにのぼって、「人が多くてウンザリ」とか言っていたのがウソのように人恋しかった。おまけに、トムラウシ公園と呼ばれる岩礫帯を越えて、あと1時間で山頂だという頃に急に暗雲立ち込めて雪が本格的に降ってきてしまい、引き返す始末。帰りはすっかりガスって視界も悪いのでヒグマに出会いやすい状況になってしまった。カウベルの音もなんだかどこまで届いているのやら不安で、ずっと宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」(これしか思いつかなかった・・・)を大声で暗唱しながら下山しました。あんまり繰り返し暗唱したもんだから、ラップバージョンとかも・・・。(後編に続く)

c0110112_2222851.jpg

c0110112_22222322.jpg

c0110112_22223545.jpg

c0110112_222317.jpg

c0110112_22231524.jpg

c0110112_22234098.jpg

c0110112_22235384.jpg

c0110112_2224434.jpg

c0110112_2224171.jpg

c0110112_22242917.jpg

c0110112_22244628.jpg

c0110112_2225161.jpg

c0110112_22251431.jpg

[PR]

# by snowlight48 | 2007-02-02 22:28 | | Trackback | Comments(0)
2007年 02月 01日

2001年冬の乗鞍岳テレマークツアー

2001年の3月、乗鞍岳にテレマークスキーで登りました。
思えば、これが初のテレマークスキーツアーです。
この頃はまだ、細板と革靴だったなあ。
吹きっさらしなのでひどいクラストで、まともに滑れなかったです。
ゲレンデ外を滑るのって技術と経験が必要なんだと思い知りました。

c0110112_23122465.jpg

c0110112_23133280.jpg

c0110112_23134480.jpg

c0110112_2314640.jpg

c0110112_23141932.jpg

c0110112_23143475.jpg

c0110112_23145029.jpg

c0110112_2315462.jpg

c0110112_23151776.jpg

c0110112_2315305.jpg

c0110112_23155815.jpg

c0110112_23162053.jpg


[PR]

# by snowlight48 | 2007-02-01 23:19 | テレマーク | Trackback | Comments(0)