<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 11月 24日

雨飾とブナの森

c0110112_23525437.jpg

一昨日の地震、大変でしたね。
うちも糸魚川静岡構造線のど真ん中に位置する牛伏寺断層のすぐ近くに住んでいるので、
いつ揺れてもおかしくありません。
フォッサマグナに暮らす者として、常に心構えと備えが必要だと地震が起こるたびに思うけど、
半年も過ぎればついつい備えをおろそかにしてしまいますね。気をつけないと。
被害にあわれた方が一日も早く日常を取り戻せますように。

さて、気を取り直して。
2014年10月12日、雨飾山に出掛けました。
雨飾は不思議な山です。
季節によってずいぶん印象が違います。
春には雪に阻まれて荒菅沢にすらたどり着けずに引き返したこともあるし、
夏には暑さにやられてやっとの思いで山頂に着いたこともあります。
けど秋の雨飾は、うって変わって良い思い出ばかりです。
色付くブナの森を抜けて、荒菅沢から布団菱の迫力ある景色を眺め、
変化に富んだ楽しい山歩きを味わうことができます。
それにしても豪雪地帯のブナの森は美しいなぁ。
豪雪地帯にブナの森が多いのは、
雪の重さに負けないしなやかさをブナがもっているからだそうだ。
豪雪が厳しければ厳しいほど、白くて美しいブナになるのだそうだ。
やっぱブナいいなぁ。
新緑の頃もきっといいんだろうな。
また登りに行きますね。
c0110112_23534014.jpg
c0110112_23534881.jpg
c0110112_23535975.jpg
c0110112_2354199.jpg
c0110112_23552029.jpg
c0110112_23552818.jpg
c0110112_23553833.jpg
c0110112_23561712.jpg
c0110112_23562680.jpg
c0110112_23564998.jpg
c0110112_2357115.jpg
c0110112_23573063.jpg
c0110112_2357385.jpg
c0110112_23574573.jpg
c0110112_23575813.jpg
c0110112_2358750.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2014-11-24 23:59 | | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 20日

20年目の涸沢

c0110112_23464258.jpg

2014年10月4日、土曜日。概ね曇り。
紅葉のピークを若干過ぎた涸沢に出掛けた。
10:30上高地出発で涸沢を日帰りしようだなんて、
ちょっと虫が良すぎると思いつつも、軽快に進む。
紅葉のピークも過ぎたし、翌日は天気もいまいちな予報だったので、
そんなに混まないんじゃないかと予想したのだけど、全然読みが甘かった。
横尾を過ぎたらじきに渋滞につかまり始めてしまった。
それでもなんとか14:10涸沢到着。
涸沢でおでんを食べるのを楽しみにしてたのに、
売店は会計待ちのお客さんの行列ができちゃっててあきらめた。
こんな混雑した涸沢に長居は無用だ。
14:30下山開始。
といっても、せっかくなので屏風の耳経由で下山。
屏風岩はやっぱり最高の展望台だ。この日は前穂がかっこよかった。
ちょっとぎりぎりだなーと思いつつも、
きっちりペース配分のつじつまを合わせて18:00上高地発のバスで帰宅。
しかし横尾~涸沢の渋滞は何とかならないかなー。なんともならないだろうなー。
3年前のテント1200張りの日と比べれば全然ましだったけど、
もうハイシーズンの涸沢は近づきたくないなと思ってしまった。
涸沢の紅葉を見たくなったら、去年みたいに前穂から眺めることにしよう。

初めて涸沢を訪れたのは1994年の10月上旬。ちょうど20年前。
80Lのザックを背負って4泊5日。涸沢をベースに、屏風、奥穂、北穂に登った。
思えばあの時涸沢でモルゲンロートに魅せられて、山と写真にのめりこむようになったのだった。
涸沢は大好きだし原点でもあるので、近づきたくないだなんて思ってしまったことが無性に悲しい。
時が巡っていつかまた涸沢の紅葉を思う存分楽しめる日がくるといいな。と思う。
c0110112_2350270.jpg
c0110112_23501143.jpg
c0110112_23502011.jpg
c0110112_23505610.jpg
c0110112_23511315.jpg
c0110112_23513646.jpg
c0110112_23515973.jpg
c0110112_23521515.jpg
c0110112_23522484.jpg

おまけ↓ 20年前の涸沢
c0110112_23542792.jpg
c0110112_23544210.jpg
c0110112_23545142.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2014-11-20 23:57 | | Trackback | Comments(2)
2014年 11月 15日

火打へ

c0110112_234576.jpg

2014年9月23日、山日和な秋分の日。
久しぶりに火打を歩いた。
前回はいつだったろうかと思い出してみると、
たぶん1999年だ。
まだPENTAX MEを使っていた頃。
そうかもう15年も経つのか。
なぜかそんな気が全然しない。
たおやかな火打。
やっぱり気持ちのいい山。
c0110112_235916.jpg


c0110112_2364464.jpg
c0110112_2392895.jpg
c0110112_2393762.jpg
c0110112_2394966.jpg
c0110112_23102078.jpg
c0110112_23105371.jpg
c0110112_23111744.jpg
c0110112_23125010.jpg
c0110112_23132292.jpg
c0110112_23143535.jpg
c0110112_23145697.jpg
c0110112_23152725.jpg
c0110112_23171368.jpg
c0110112_23173132.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2014-11-15 23:19 | | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 09日

笛吹川を溯って

c0110112_23283868.jpg

2014年10月18日、
西沢渓谷から笛吹川を溯って甲武信ヶ岳山頂に至る。
今回は東沢から釜ノ沢東俣を登り詰めて甲武信小屋に出る往年の名ルートを辿りました。
日の短いこの時期にこのルートを日帰りで行くのはなかなか気合いが要ります。
終始ペース配分に気を配る必要があって、しかも途中信州沢に入り込んでしまうという痛恨のミスもあり、
見どころいっぱいの沢なのに、なんとなく気持ちがいそいそしてしまった。
次回は新緑の頃、もう少しゆっくり登ってみたい。
きっと新緑のこのルートは最高に気持ちいいだろうと、想像しただけでにまにましてしまう。
それにしても、秩父の沢はすごくいい!
面白そうな沢がたくさんあるので、また来シーズン通うことになりそうです。
c0110112_23285259.jpg
c0110112_2329256.jpg
c0110112_23291315.jpg
c0110112_23292340.jpg
c0110112_2329454.jpg
c0110112_23295454.jpg
c0110112_2330384.jpg
c0110112_23301256.jpg
c0110112_23302042.jpg
c0110112_23302997.jpg
c0110112_23303764.jpg
c0110112_23304417.jpg
c0110112_23305350.jpg
c0110112_2331033.jpg
c0110112_23311062.jpg
c0110112_23311772.jpg
c0110112_23312566.jpg
c0110112_23313662.jpg
c0110112_23314439.jpg
c0110112_23315439.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2014-11-09 23:33 | | Trackback | Comments(0)