<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 30日

Rosy Red Mountain

c0110112_2325311.jpg

2014年3月15日土曜日、快晴。
赤岳のアーベントグリュエンをひと目見たくて、
また赤岳に登る。
結局この冬は赤岳に5回も登ってしまった。

さて、紅く染まるかどうかはいろんな条件のめぐり合わせで、
苦労して登ったからといって必ず見られるわけではない。
しかーし、日頃の行いがいいようで、
運よく紅く染まる赤岳の姿を見ることができた。
すごい。
きれい。

ただ、ひとつ分かったこと。
この時期の赤岳が紅く染まる時間帯には、
阿弥陀岳の影が赤岳の大部分を覆ってしまって、
紅くなるのはほんの一部分だけ。
それでも充分に感動的な光景なんだけど、
おそらく12月や1月なら光と影の成り立ちが異なってくるはずで、
赤岳の壁面全体が紅く染まる瞬間が、あるのか?ないのか?
興味津々で、今から来年の冬が待ち遠しい。
この尽きることのない探究心と情熱を、
もっと別の方向に活かせばいいのに。という皆さんの心の声はそっと受け流して、
来冬きっとまた見に来よう。
c0110112_23255585.jpg
c0110112_2326337.jpg
c0110112_23261033.jpg
c0110112_23261881.jpg
c0110112_23262822.jpg
c0110112_23263667.jpg
c0110112_23264392.jpg
c0110112_23265391.jpg
c0110112_2327117.jpg
c0110112_2327867.jpg
c0110112_23272690.jpg
c0110112_23273548.jpg
c0110112_23274355.jpg
c0110112_23275297.jpg
c0110112_2328164.jpg
c0110112_23281060.jpg
c0110112_2328193.jpg
c0110112_23282782.jpg
c0110112_23284037.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2014-03-30 23:29 | | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 20日

Replay!

c0110112_22511354.jpg

2014年3月9日日曜日。
気がついたらまた赤岳に登っていた。

2月の八ヶ岳は、あれほどの積雪にもかかわらず、
樹氷も育たず、岩も黒く、
冬山らしい姿を見せてはくれなかったが、
皮肉にも3月になったとたんに八ヶ岳は冬の装いを取り戻していた。
赤岳の冬山らしい姿を目にしておきたかったのだ。

鼻唄まじりに、もうすっかり馴染みになった道を往く。
僕にとって歩くことは音楽を聴く感覚に似ている。
好きな曲を何度も繰り返して聴くのと同じように、
気に入ったルートなら何度でも歩きたいし、その変化を楽しみたい。
時にはロックな歩調で。時にはバラードの歩調で。
降りはたいていワルツの歩調か。
同じルートでも、毎回演奏もアレンジも変化する。
これはまるでライブみたいだ。

夕方、赤岳が白く輝く姿を見ることができた。
ため息がでるほど神々しい美しさだった。
いつまでも見ていたい風景。
なんというきれいな山だろうと感動すると同時に、
でもまだまだもっときれいな瞬間がこの赤岳にはあるだろうことを確信する。
それを目にするのはいつのことになるかわからないが、
見たい景色がある限り、僕は何度だって登ろうと思う。

いつもなら最後の光が消えるまで眺めようものなのに、
この日は後ろ髪を引かれる思いで背を向けて、明るいうちに下山した。
あの後、山は紅く染まっただろうか?
それが心残りで、
翌週また赤岳に登ってしまうことになるのだが、
それはまた別の話。
c0110112_2251319.jpg
c0110112_2251397.jpg
c0110112_22514966.jpg
c0110112_2252271.jpg
c0110112_22521081.jpg
c0110112_22522022.jpg
c0110112_22522927.jpg
c0110112_22523961.jpg
c0110112_22533198.jpg
c0110112_22533974.jpg
c0110112_22534983.jpg
c0110112_22535975.jpg
c0110112_2254623.jpg
c0110112_22541489.jpg
c0110112_22542359.jpg
c0110112_22543259.jpg
c0110112_22544117.jpg
c0110112_22545025.jpg
c0110112_2255034.jpg
c0110112_2255762.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2014-03-20 23:00 | | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 01日

別世界へ

c0110112_0291532.jpg

2014年2月23日、日曜日。
朝起きたらアパートから北アルプスが白馬のほうまで全部見えて、
風も穏やかなので唐松岳に出掛けることにした。
アパートを出発したのが9:00。
ゴンドラ、リフトを乗り継いで八方尾根を歩き始めたのは11:00過ぎ。
この時刻から山頂を目指すのは掟破りだけど、
影が次第に濃くなる午後の山歩きが好きで、
この悪い癖はやめられそうもない。
そのかわり、想定されるリスクに対する準備は決して怠らない。

14:30山頂着。誰もいない。
剣岳が最高にかっこいい。

冬の北アルプスは別世界だ。
朝のんびり出発して、この別世界へ日帰りできてしまう幸せを誰に伝えたらいいだろう?

山頂の景色から去りがたく、15:15下山開始。
リフトもゴンドラももちろん終わっているのでのんびり歩いて降りる。
17:45駐車場着。
有意義な日曜日であった。
c0110112_0312152.jpg

c0110112_0313143.jpg
c0110112_0314416.jpg
c0110112_0315333.jpg
c0110112_032260.jpg
c0110112_032920.jpg
c0110112_0321825.jpg
c0110112_0322646.jpg
c0110112_0323354.jpg
c0110112_032419.jpg
c0110112_033207.jpg
c0110112_0341434.jpg
c0110112_0343492.jpg
c0110112_0344857.jpg
c0110112_035433.jpg
c0110112_0351324.jpg
c0110112_0352372.jpg
c0110112_0353546.jpg
c0110112_0355411.jpg
c0110112_036655.jpg
c0110112_0365312.jpg
c0110112_037286.jpg
c0110112_0371738.jpg
c0110112_0373417.jpg
c0110112_0374241.jpg
c0110112_0375141.jpg
c0110112_038578.jpg
c0110112_0381475.jpg
c0110112_0382322.jpg

八方池の辺りで山岳写真家の菊池哲男さんとばったりお会いしました。
山で菊池さんに偶然会うのはこれで2度目です。
菊池さんの夜の山の写真が好きで、こんな風に山でお会いできて嬉しい。
[PR]

by snowlight48 | 2014-03-01 23:29 | | Trackback | Comments(2)