思い出を残して歩け。

journeyist.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 30日

水芭蕉

c0110112_2332813.jpg

2010年5月16日、
新緑の国道158号を抜けて、
乗鞍高原に水芭蕉を見に行きました。

水芭蕉といえば、尾瀬の歌を思い出すんですが、
あの歌は罪な歌です。
「夏が来れば思い出す」から始まって、
サビで「水芭蕉の花が咲いてる」ってくるもんだから、
「ふーん、水芭蕉っていう花は夏に咲くんだ」と、
素直な少年は思ってしまったのでした。
それが誤りであるのに気づいたのは大人になってから。
自称都会育ちなので気付く機会がなかったのです。

それにしても、水芭蕉ってなぜかうまく撮れないです。
c0110112_23333394.jpg
c0110112_2334721.jpg
c0110112_23345649.jpg
c0110112_23353462.jpg
c0110112_23354358.jpg
c0110112_23361489.jpg
c0110112_23362991.jpg

PENTAX K-7
DA15mm,DA35mm,FA77mm,DA50-200mm
[PR]

by snowlight48 | 2010-05-30 23:17 | 散歩 | Trackback | Comments(0)
2010年 05月 27日

戸隠

c0110112_23124176.jpg

2010年2月21日。
そういえば戸隠に行きました。
話題のパワースポットらしいです。
c0110112_23142776.jpg
c0110112_23143754.jpg
c0110112_23144747.jpg
c0110112_23153748.jpg
c0110112_23155090.jpg
c0110112_23155873.jpg
c0110112_23161030.jpg
c0110112_23161825.jpg
c0110112_23162689.jpg
c0110112_23163774.jpg
c0110112_23164538.jpg
c0110112_23165493.jpg

PENTAX K-7
DA15mm,DA35mm,FA77mm
[PR]

by snowlight48 | 2010-05-27 23:20 | 散歩 | Trackback | Comments(2)
2010年 05月 26日

冬桜

c0110112_22583645.jpg

2010年1月24日、
スキーに出掛けたのですが、
樹氷がまるで満開の桜のようで、
あまりにもきれいだったので、
ろくに滑りもせずに時間を忘れて写真ばかり撮っていました。
コスモスが「秋桜」なら、
樹氷は「冬桜」と表現したら素敵なのにな。
って思ったのですが、
どうやら冬に咲く冬桜という品種が実在するようで、残念でした。
c0110112_2259688.jpg
c0110112_22591354.jpg
c0110112_22592046.jpg
c0110112_22592738.jpg
c0110112_22593495.jpg
c0110112_22594313.jpg
c0110112_2259512.jpg
c0110112_230054.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2010-05-26 23:01 | 散歩 | Trackback | Comments(2)
2010年 05月 25日

桜2010

c0110112_23113183.jpg

タイムリーな更新による、
季節感溢れるブログをめざしています。

・・・
桜です。

通勤路とか、近所とか、今年は身近な桜をたくさん見ました。
花が散るやいなや、いっせいに葉が生い茂って、
短期間における、その変化の急激な様に、
毎年のことながら驚かされます。
ここ信州で暮らしていると、
桜に限らず、そうした自然の変化をより敏感に感じることができるような気がします。
c0110112_23123047.jpg
c0110112_23124024.jpg
c0110112_2312473.jpg
c0110112_2313296.jpg
c0110112_2313997.jpg
c0110112_23131642.jpg
c0110112_23132428.jpg
c0110112_23133135.jpg

さて、どれがどこの桜でしょう?

PENTAX K-7
DA15mm,DA35mm,FA77mm
[PR]

by snowlight48 | 2010-05-25 23:16 | 散歩 | Trackback | Comments(0)
2010年 05月 23日

自由雪原 八幡平にて

c0110112_23341868.jpg

2010年5月4日、
天気予報では「曇り」との事だったので、
好きな温泉を巡りつつのんびり帰路につこうかと考えていたのですが、
思ったよりも天気が良かったので八幡平をステップソールのテレマークで歩きました。
実は今回の旅、出発日の4月30日に、ぐぃーっと北上して、
翌5月1日に真っ先に向かったのが八幡平だったのですが、
その日はあいにく雪のため八幡平に向かう道が全面通行止めで諦めざるを得ませんでした。
帰路に八幡平を歩くことができて運が良かったです。
八幡平は平というだけあって、穏やかな雪原がどこまでも広がっています。
今回は見返峠から一応山頂に寄って、そこから広大な雪原を抜け、
源太森を越え、黒谷地湿原まで降り、のんびり散策して見返峠に戻るというコースにしてみました。
どこを歩いても自由。どこを滑っても自由。
広々とした雪原を気の向くままに歩いていけるっていうのは、本当に素敵なことです。
岩手山を眺めつつ帰路につきました。
c0110112_23343757.jpg
c0110112_23344537.jpg
c0110112_23345680.jpg
c0110112_2335310.jpg
c0110112_23351459.jpg
c0110112_2335314.jpg
c0110112_23361684.jpg
c0110112_23362771.jpg
c0110112_23434067.jpg
c0110112_2344597.jpg

PENTAX K-7
DA15mm,DA35mm,FA77mm
[PR]

by snowlight48 | 2010-05-23 22:55 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2010年 05月 20日

岩木山

c0110112_22442587.jpg

2010年5月3日、
朝、岩木山神社に立ち寄って、
それからバスに乗って8合目まで。
8合目に着いた頃はまだ晴天だったけど、
山頂に向かい始めるとどんどん雲が増えてきて、
ほどなく岩木山上部は雲に覆われてしまいました。
岩木山を滑るコースはいくつかあって、
今回は、北側斜面を降りて鯵ヶ沢スキー場に出る長平コースを選びました。
いつもついつい「ちょうへい」コースって読んじゃうのですが、「ながたい」コースと読むそうです。
でもまた次に訪れるときは「ちょうへい」コースって読んじゃうんだろうな。
この日は風もとてもとてもとてもとてもとても強くて、
右へ振られ、左に飛ばされしながら、山頂に着きました。
結局上部はずっと視界がなくて、少し降りたところでようやく雲から抜け出すことができました。
視界が悪くてもルートから外れずに済むのは、GPSのおかげです。
無事に滑り降りて、バスで岩木山神社に戻りました。
山頂から海と津軽半島の地形を眺めるのを楽しみにしていたので、
ガスってしまったのは残念でしたが、思い出に残る山行となりました。
c0110112_2244405.jpg
c0110112_22444828.jpg
c0110112_2245376.jpg
c0110112_22451124.jpg
c0110112_22451956.jpg
c0110112_22454121.jpg
c0110112_22455435.jpg
c0110112_22461364.jpg
c0110112_22462163.jpg

PENTAX K-7
DA15mm,DA35mm,FA77mm
[PR]

by snowlight48 | 2010-05-20 22:50 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2010年 05月 19日

遠き山に日は落ちて

c0110112_23214437.jpg

2010年5月2日、
八甲田から弘前城に向かう途中、
岩木山に日が沈むのを眺めながら、
「明日は岩木山を滑ろう。」と決めました。
c0110112_2321552.jpg
c0110112_2322492.jpg

[PR]

by snowlight48 | 2010-05-19 23:18 | | Trackback | Comments(0)
2010年 05月 18日

春の八甲田

c0110112_23484922.jpg

2010年5月2日、
春の八甲田を滑るのはこれで何度目になるだろう?
今年は定番の大岳環状ルートを選びました。
春の八甲田はスキー天国。
どこまでも続く雪原を、雪の尽きるまで縦横無尽に駆け抜けることができます。

テレマークスキーの板には、滑走面にうろこ状のステップが刻んである、
「ステップソール」と呼ばれるスキー板があります。
通常、スキーで山を登るときには、スキーの滑走面に「シール」というものを張って登るのですが、
このステップソールならシールなしでもうろこの効果で雪面を登っていくことができます。
あまり急斜面は登れないですけどね。

八甲田や八幡平など、割と穏やかな山容の東北の山々には、このステップソールがうってつけ。
どこまでシールなしで登れるかな?と思って、大岳の大斜面を大きく捲きながら登っていったら、
山頂までシールなしで登れました。
意外と登れるものです。
ステップソールは自由自在。どこまでも行けるような気がしました。
c0110112_2349437.jpg
c0110112_2349148.jpg
c0110112_23492140.jpg
c0110112_23492879.jpg
c0110112_23494196.jpg
c0110112_23494784.jpg
c0110112_23495328.jpg
c0110112_2350324.jpg
c0110112_23501453.jpg
c0110112_23502229.jpg
c0110112_23503128.jpg
c0110112_23503970.jpg

PENTAX K-7
DA15mm、DA35mm、FA77mm
[PR]

by snowlight48 | 2010-05-18 23:18 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2010年 05月 13日

遠い桜  弘前城にて

c0110112_22445771.jpg

2010年5月2日、
3年ぶりに弘前城の桜を見に行きました。
今年は少し開花が遅かったようで、この数日前にはまだ5分咲きだったそうです。

弘前城の夜桜は、何度見ても感動します。
水面に映る桜の美しさは筆舌に尽くしがたいです。
幸いこの日のこの時間帯は、水面を荒立てる風もほとんどなく、
まるで鏡のように映えました。
水面に映る風景が僕は好きで、
鏡の中の世界は本物よりもどことなく妖しく、よりいっそう美しく感じられるのです。

三脚というものがどうしても好きになれなくて、
三脚を使うくらいなら撮らない。というくらい好きになれないので、
暗いところで撮るときはいつも、
脇を閉めて呼吸を止めて撮る。とか、
岩や木と一体になって撮る。とか、
そんなクレイジーなテクニックを駆使して、
それでもだめなときは、
ありあわせの杭とか柵とか地面とかにカメラを置いて、
小石をかまして角度を調整してセルフタイマーで撮る。とか、
そんな感じで撮ってきましたが、夜桜は人も多いし、さすがにそれだと勝算が薄いので、
不本意ながら今回は素直に三脚を使用しました。
でもやっぱり三脚は好きになれそうにありません。
c0110112_22451419.jpg
c0110112_22452495.jpg
c0110112_22453269.jpg
c0110112_2245391.jpg
c0110112_22454966.jpg
c0110112_22455822.jpg

PENTAX K-7
DA15mm、DA35mm、FA77mm
[PR]

by snowlight48 | 2010-05-13 22:51 | | Trackback | Comments(0)