思い出を残して歩け。

journeyist.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 29日

あめつちとともに

山と語り
流(ながれ)に思ひ
風に聞き
雲と遊ぶ
うるわしき心のしらべ
あめつちとともに

中央アルプスの麓、宮田村出身の唐木順三さんという方の詩です。
宮田村の宮田中学校にはこの詩の碑が立っているそうです。

十数年前、まだ名古屋で学生をしていた頃に見たテレビ番組でこの詩を知り、印象に残りました。ふと思い出して、また中央アルプスへと赴きたくなる。

いい詩だと思う。
「雲と遊ぶ」っていう感性がとても好き。

c0110112_22495370.jpg
c0110112_22502058.jpg
c0110112_22505393.jpg
c0110112_22513476.jpg
c0110112_22531156.jpg
c0110112_22532241.jpg


2005年9月千畳敷にて撮影
[PR]

by snowlight48 | 2008-07-29 22:56 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://journeyist.exblog.jp/tb/9326638
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 美しく嘘をつくカメラ      雲 >>