思い出を残して歩け。

journeyist.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 12日

徳本峠を越えて

c0110112_22130296.jpg
2017年6月17日、
島々から徳本峠を越えて上高地へと入る旅路を
いつか歩いてみたいと思い続けてはや幾年。
ようやく叶いました。
以前から地形図を眺めては、このルートはきっといいに違いないと睨んでいましたが、
圧倒的な緑と心地よい渓谷美、予想以上でした。
昔の人はみんなこの道で上高地に入っていたんだなぁと思うと感慨深い。
これからもいろんな季節に繰り返し歩きたい旅路です。
c0110112_22131572.jpg
c0110112_22133670.jpg
c0110112_22135931.jpg
c0110112_22144834.jpg
c0110112_22150015.jpg
c0110112_22155909.jpg
c0110112_22161390.jpg
c0110112_22173213.jpg
c0110112_22174966.jpg
c0110112_22181746.jpg
c0110112_22182967.jpg
c0110112_22190521.jpg
c0110112_22201139.jpg
c0110112_22203824.jpg
c0110112_22204888.jpg
ところでこの日、カメラのISOダイアルが知らない間に勝手に回って、
途中かなりの枚数をISO10000で撮っていた。
い、いちまん?って、気付いた時はかなりショックだったけれども、
意外と画質そんなに悪くなかった。
最近のカメラの高感度画質ってすごいかも。

[PR]

by snowlight48 | 2017-07-12 22:25 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://journeyist.exblog.jp/tb/26809521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 0909-bulan at 2017-07-12 23:08
こんばんは~。
素敵なルートですね!
渓流の音が聴こえてきそうな感じで
涼しさを呼びます^^


Commented by shimasaan at 2017-07-13 05:05
歩きましたか~~~あの長い谷道を、徳本峠を超えて~~
バスで入る上高地の、何十倍も静かで、溢れる緑のしたたりのなかを~~~

私がこの谷を歩いたのは、もう今から約半世紀前に1度だけ。
それも、朝涸沢を出て、重い荷物を背負って、新島々の終電に間に合うかハラハラしながらだったので、ほとんど周囲の景色の記憶はないんですが……

その頃は、岩魚止小屋があって、クセのあるでも優しい親父がいて、でも後年遭難救助中にお亡くなりになったとか。

この緑を見たら、なんだかもう一度、今度は新緑の頃に歩いてみたくなりました。
徳本峠小屋に泊まれば、今の私でも歩けそうですしね。

Commented by snowlight48 at 2017-07-13 21:14
bulanさん、こんばんは。
このルートひたすら沢沿いを往くので、
ずーっと心地よい沢の音を聴きながら歩くことになります。
夏は沢が涼しくて良いですね。
Commented by snowlight48 at 2017-07-13 21:24
shimasaanさん、こんばんは。
歩きましたよ〜。徳本峠越えの上高地。
確かに長いですけど、バスで入る上高地より何十倍も贅沢ですね。
島々谷をすっかり気に入ってしまったので、
今度はのんびり反対回りとか島々〜岩魚留小屋往復とか、
いろんな季節に気ままに繰り返し歩いてみたいと思います。
新緑の頃はきっと最高でしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 霧ヶ峰の観音沢      ブロッケンの虹 >>