思い出を残して歩け。

journeyist.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 21日

そうだ蝶ヶ岳、行こう。 ~朝焼け編~

c0110112_23303125.jpg

朝焼け編に続く。と書いたものの、
すっかり間があいてしまいました。

2012年6月24日、蝶ヶ岳で迎えた朝。
この時期は日の出の時刻が早くて、朝が苦手な身としてはもっと寝ていたいので、
「ガスっていたら二度寝ができる!」というアホな気持ちと、
「朝の清々しい景色を眺めたい!」という健全な気持ちとが、
7:3ぐらいで混じり合った複雑な心持ちでテントから顔を出します。
大当たりの素晴らしい朝!
朝焼け!モルゲンロート!
蝶ヶ岳ばんざい。
ひとしきり朝の風景を眺め終わってから、のんびり朝ごはん食べて、のんびり撤収して、
常念に向かってのんびり出発。
天気のいい日は必ず常念を眺めてから会社に出かけているのでいつも身近に感じているけど、
気がつけば常念も10年以上ぶりだ。なんでこんなに時が経つのは早いんだろう。
いつもアパートから常念を見るように、常念山頂からはもちろん松本の街が見える。やっぱりいい山です。
c0110112_23312755.jpg
c0110112_23313798.jpg
c0110112_23314749.jpg
c0110112_23315579.jpg
c0110112_2332456.jpg
c0110112_23321412.jpg
c0110112_23322695.jpg
c0110112_23323576.jpg
c0110112_23324354.jpg
c0110112_23325461.jpg
c0110112_2333398.jpg
c0110112_23331268.jpg
c0110112_23332145.jpg
c0110112_23333035.jpg
c0110112_23334887.jpg
c0110112_2334447.jpg
c0110112_23342224.jpg
c0110112_23343133.jpg
c0110112_23343928.jpg
c0110112_23344735.jpg
c0110112_23345580.jpg


《余談》
備忘録として今回の装備を記載しておきます。

1.ザック
MHW スルーウェイ50
今回導入。これまでのザックはオスプレーの旧型イーサー60。
これまでも1800gぐらいの充分軽量と言えるザックを使っていたつもりだったけど、
スルーウェイ50はなんと830g。軽い!充分体感できる軽さです。
しかも背負い心地も悪くない。いいものを買いました。

2.テント、マット、シュラフ
テント:MSR ハバHP+フットプリント
マット:NEMO ゾアショート・・・これも軽くて良い。ショートで必要にして充分。
シュラフ:モンベル ウルトラライトスーパーストレッチダウンハガー#2・・・個人的にはスーパースパイラルより、廃盤になってしまったスーパーストレッチの方が好み。
シュラフカバー:モンベル ブリーズドライワイド・・・今回使用せず。
シュラフ用スタッフバッグ:グラナイトギア EVENT SIL ドライサック

3.防寒着(ステイ用)
ME パウダーパンツ・・・年中愛用
ファイントラック メリノスピンサーモタイツ・・・暖かい
パタゴニア ハイロフトダウンセーター・・・この時期には不要だった。

4.防寒着(行動用)
パタゴニア ナノパフフーディ・・・万能。年中愛用。
ファイントラック ドラウトクロージャケット・・・暑すぎず寒すぎず、真夏以外はオールマイティ。

5.ストーブ、コッヘル
コッヘル:エバニュー アルミのやつ。20年使い続けてる。
ストーブ:SOTOマイクロレギュレータ
マグ:DINEXマグ・・・万能。軽い。
その他:スフォーク、ガスカートリッジ用3本足
水筒:プラティパス2L、1L

6.小物類(テント泊用)
ラジオ:ソニーステレオラジオ
目覚まし時計・・・次回から持ち物リストから削除。腕時計のアラームで充分
モンベルのエアまくら
エネループケース(ひげそり機能付き)
鏡・・・コンタクトレンズつけるときに必要
歯ブラシ
コンタクトレンズ
リップ
ティッシュ
めがね
爪切り・・・使ったためしがないけど、なぜか外せない装備

7.小物類(兼日帰り用)
スマートウールのビーニー
ファイントラック 薄手のグローブ
ファイントラック ナノタオル
エネループ スティックブースター
熊除けの鈴
日焼け止め

8.食料
晩:牛飯+親子丼の具、豚汁、コーヒー
朝:さけ茶漬け、たまごスープ、コーヒー
行動食:マーガリン入りロールパン
予備:ドライカレー、豚汁

9.着替え
パンツとTシャツと靴下

10.ザックのポケット
雨具:パタゴニア レインシャドージャケット&パンツ
シートゥーサミット ウルトラシルザックカバー
パタゴニア:フーディニフルジップ・・・マストアイテム。
帽子
MSRのタオル
グリベル スパイダー・・・軽アイゼンが嫌いでこいつを愛用。今回は出番なし。
ペツル ティカXP2・・・慣れた道なら夜でも歩ける。
シールライン スマートホン用防水パック
筆記具
地形図

以上。
こうしてみると、10月の涸沢でも行けちゃう装備だけど、とてもテント泊とは思えないほど軽く感じた。
軽量化計画が実を結びつつある。
装備が軽くなれば、スタイルが変わる。
より自由になれる。縦横無尽に歩ける。ふところ深いところに入り込める。
ただ軽いということ以上の効果をもたらすことを、この頃実感として感じている。
[PR]

by snowlight48 | 2012-07-21 22:54 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://journeyist.exblog.jp/tb/18253531
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 岳沢にて      そうだ蝶ヶ岳、行こう。 ~夕焼け編~ >>